自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

防火・防災に関する記述:平成31年3月実施1級小型問題43

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

防火・防災に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)燃焼するには,燃焼の三要素(可燃物,酸素供給体,熱源)が同時に存在することが必要で,この中の一つでも欠けると燃焼は起こらず,また,継続することもない。

(2)消火器のラベルで青色のものは,適用火災が電気火災(C火災用)であることを示し,黄色のものは,適用火災が油火災(B火災用)であることを示している。

(3)固体の燃焼のうち分解燃焼とは,固体が加熱されて熱分解が起こり,可燃性ガスが発生して燃焼するものをいう。

(4)消防法によると,ガソリン60リットル,軽油400リットル,灯油200リットル,エンジン・オイル600リットル,ミッション・オイル600リットルを保管する場合は,事前に所轄消防署に「少量危険物貯蔵所,又は取扱所」として届出する必要がある。

解く

(1)燃焼するには,燃焼の三要素(可燃物,酸素供給体,熱源)が同時に存在することが必要で,この中の一つでも欠けると燃焼は起こらず,また,継続することもない。
適切

f:id:n9h28eg0:20201119200333p:plain

(2)消火器のラベルで青色のものは,適用火災が電気火災(C火災用)であることを示し,黄色のものは,適用火災が油火災(B火災用)であることを示している。
適切

f:id:n9h28eg0:20201119200405p:plain

(3)固体の燃焼のうち分解燃焼とは,固体が加熱されて熱分解が起こり,可燃性ガスが発生して燃焼するものをいう。
適切

f:id:n9h28eg0:20201119200444p:plain

(4)消防法によると,ガソリン60リットル,軽油400リットル,灯油200リットル,エンジン・オイル600リットル,ミッション・オイル600リットルを保管する場合は,事前に所轄消防署に「少量危険物貯蔵所,又は取扱所」として届出する必要がある。

第四類危険物の保管指定数量(抜粋)

分類

品名

指定数量

第1石油類

ガソリン

ベンジン

(アルコール)

200

(400ℓ)

第2石油類

灯油

軽油

1000

第3石油類

重油

2000

第3石油類

エチレングリコール

(不凍液)

ポリグリコールエーテル

(ブレーキ液)

4000

第4石油類

エンジンオイル

ミッションオイル

デフオイル

塗料類

 6000

 

f:id:n9h28eg0:20201119200837p:plain

不適切
適切な内容に訂正
(4)消防法によると,ガソリン60リットル,軽油400リットル,灯油200リットル,エンジン・オイル600リットル,ミッション・オイル600リットルを保管する場合は,事前に
●所轄消防署から「危険物貯蔵所、または取扱書」として許可を受ける。
●危険物取扱免許の資格を有するものの中から危険物の保安監督者を選任する
●保安監督者の選任届を所轄消防署に提出し受理してもらう