自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

平成23年3月実施1級小型問題43:災害に関する記述

災害に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。

(1)米国のハインリッヒが発見した「1:29:300の法則」とは,死亡や重傷の災害が1件発生すると,その背後にそれと同じ原因による軽傷災害が29件,そしてけがには至らなかったが,もう少しでけがをするところだった事故が,300件も存在するというものである。

(2)災害防止の急所は,災害発生の因果関係を分かりやすく説明したハインリッヒの「五つの駒」のうち直接原因である「人的欠陥」を取り除くことである。

(3)整とんとは,必要なものと不用なものを区分して,不用なものを処分することである。

(4)災害防止のため,電気機器の取り扱いにおいて,スイッチの開閉は左手(心臓から近い手)で行い,ぬれた手で操作しない。また,そのとき右手は,ほかのもの(特に金属類)に触れないようにする。

 

解く

(1)米国のハインリッヒが発見した「1:29:300の法則」とは,死亡や重傷の災害が1件発生すると,その背後にそれと同じ原因による軽傷災害が29件,そしてけがには至らなかったが,もう少しでけがをするところだった事故が,300件も存在するというものである。

適切

 

(2)災害防止の急所は,災害発生の因果関係を分かりやすく説明したハインリッヒの「五つの駒」のうち直接原因である「人的欠陥」を取り除くことである。

不適切

災害防止の急所は,災害発生の因果関係を分かりやすく説明したハインリッヒの「五つの駒」のうち直接原因である「不安全な行動や状態」を取り除くことである。

 

ハインリッヒの五つの駒の具体例

(第一の駒)

社会的環境の悪条件

 

間接原因

・犬や猫が夜鳴く

・テレビやラジオの音が聞こえてくる

・教育訓練が不十分である

・作業方法が標準化されていない

・職場の規律が守られていない

・気性の合わない人がいる等

「人的欠陥」を生み出す原因となるもの

(第二の駒)

人的欠陥

 

間接原因

・乱暴・無精・怠慢・興奮・誤解

・悩み・心配・疲労・睡眠不足

・体調不良

・いたずら気・知識や技能の不足

・体力の不足

・規則や指示の軽視等

個人の精神的、肉体的状態が悪くて、不安全行動を起こしやすくするもの

(第三の駒)

不安全状態・行動

 

直接原因

・位置が悪い・姿勢が悪い・足場が悪い

・速度を出しすぎる・運転を誤る

・近道をする・工具を投げる・ふざける

・規則無視の行動をとる

・安全装置や防具がない

・暗い・暑苦しい・整理・整頓が悪い

人間の行動又は物的状態が不安定である。

すなわち危険であること

(第四の駒)

事故

・転ぶ・ぶつかる・打たれる

・落ちる・感電する・高熱に触れる

・異物が目に入る

・爆発する・火災になる等

災害につながる恐れを持った予測しない障害が起きること

(第五の駒)

災害

・軽傷災害

・重症災害

・死亡災害

事故の中で人的損害を伴ったもの

 

(3)整とんとは,必要なものと不用なものを区分して,不用なものを処分することである。

不適切

整頓とは,必要なものを置く場所と置き方を決めておき,必要なときに使いやすい状態にしておくことである。

 

(4)災害防止のため,電気機器の取り扱いにおいて,スイッチの開閉は左手(心臓から近い手)で行い,ぬれた手で操作しない。また,そのとき右手は,ほかのもの(特に金属類)に触れないようにする。

不適切

 

一般に電気機器のスイッチの開閉は,右手(心臓から遠い手)で行い,ぬれた手で操作しないようにし,また,そのとき左手は,ほかのもの(特に金属類)に触れないようにする。

 

よって答えは 1

 

 

 

 

平成23年3月実施1級小型問題41:自動車に係わる資源の有効利用に関する記述

自動車に係わる資源の有効利用に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。

(1)リデュースに関する取り組みのうち,「原材料,部品への再生資源の利用化」の事例として,「PETリサイクル材のフロア・マットへの利用」がある。

(2)リサイクルに関する取り組みのうち,「リサイクルが容易な素材の選択」の事例として,「熱可塑性樹脂の使用拡大」がある。

(3)リデュースに関する取り組みのうち,「環境負荷物質の使用削減」の事例として,「エア・バッグ・ガスのアジ化ナトリウムへの転換」がある。

(4)リサイクルに関する取り組みのうち,「リサイクル原材料及びリサイクル製品の利用拡大」の事例として,「リサイクル材のフロア・マットへの利用」がある。

 

解く

 

(1)リデュースに関する取り組みのうち,「原材料,部品への再生資源の利用化」の事例として,「PETリサイクル材のフロア・マットへの利用」がある。

適切

 

(2)リサイクルに関する取り組みのうち,「リサイクルが容易な素材の選択」の事例として,「熱可塑性樹脂の使用拡大」がある。

適切

 

(3)リデュースに関する取り組みのうち,「環境負荷物質の使用削減」の事例として,「エア・バッグ・ガスのアジ化ナトリウムへの転換」がある。

不適切

 

(4)リサイクルに関する取り組みのうち,「リサイクル原材料及びリサイクル製品の利用拡大」の事例として,「リサイクル材のフロア・マットへの利用」がある。

適切

 

よって答えは 3

 

リデュース(削減)するための手法

求められる取り組み

求められる取り組み

取り組み事例

省資源

小型軽量化,原材料の使用量削減

・少量化,軽量化,多用途化,素材の選択

・シリンダ・ヘッドの小型化

・エンジン構造部材のアルミ化

・インテーク・マニホールドの樹脂化

・ボデーの軽量化

省資源

部品数の削減

通化,規格化による部品の汎用性の向上

省資源

原材料,部品への再生資源の利用化

 

 

 

損傷バンパ再生材の車部品への再利用(アンダ・カバー)等

PETリサイクル材のフロア・マットへの利用

省資源

環境負荷物質の使用削減

・重金属やフロン等の使用削減

・鉛,六価クロム,水銀,カドミウム2003年までに全廃

・代替えフロン冷媒用量削減

・エア・バッグ・ガスの非アジ化ナトリウムへの転換

省資源

消耗品の再資源化

 

LLC再生処理装置の開発,活用

 

長寿命化

素材又は部品の耐久性向上

・フューエル・フィルタのメンテナンス・フリー化

LLCの長寿命化

リペア

 

 

リペア(修理)容易な製品仕様

・個々の部品が交換可能な製品構造

・最小単位での部品交換

 

 

リサイクル(再循環)するための手法

求められる取り組み

求められる取り組み

取り組み事例

リサイクルが容易な製品仕様

 

リサイクル容易な素材の選択

・熱可塑性樹脂の使用拡大

リサイクルが容易な製品仕様

使用する素材数の削減

・素材又は材料の統一化

・単一素材のインパネ,バンパの採用

・プラスチックの統合

リサイクルが容易な製品仕様

接合箇所の削減等,解体・分離の容易化

・接着,溶接の回避や差し込み等による解体,分離が容易な構造

・工具が不用又は汎用工具で解体可能な製品構造

・分割容易なシート構造の採用

リサイクルが容易な製品仕様

異種素材の分離容易化

・素材の表示等,処理者への情報提供の充実

・樹脂部品への材料表示の実施

リサイクルが容易な製品仕様

製品の解体に関する情報提供

・解体手順等,解体に関する情報提供の充実

・解体マニュアルの作成、提供

リサイクル・システム

 

製品の特性に応じたリサイクルのための回収システム整備

・製品ごとの特性に応じた回収に掛かる費用徴収ルールの構築

・損傷バンパ回収システムの実施

リサイクル・システム

リサイクルにかかる技術基準の構築

・分別の精度等リサイクルにかかる処理技術の向上

・バンパ再生材の塗膜剥離技術の確立

リサイクル市場拡大

 

 

リサイクル原材料及びリサイクル製品の利用拡大

・リサイクル製品市場拡大のための需要喚起

・バンパ再生材の部品への再利用(アンダ・カバー等)

・リサイクル材のフロアマットへの利用

リサイクル市場拡大

リサイクル製品に掛かる情報提供

・リサイクル製品の品質表示

 

 

 

リユース(再利用)するための手法

求められる取り組み

取り組み事例

1.リユースが容易な製品仕様

リユースの可能な部品のユニット化

リユースの可能な部品の共通化,規格化

・エンジンバリエーション削減による共通化

2.リユースの実施のためのシステム

リユースのための回収システムの構築

リユース製品,リユース部品の製品保証

エンジン,トランスミッションのリビルト供給

3.リユース製品市場の拡大

リユース製品,リユース部品市場拡大のための需要喚起

リユース製品,リユース部品の情報提供

 

 

 

 

 

 

平成23年3月実施1級小型問題40:振動・騒音に関する故障診断

振動・騒音に関する故障診断の対処方法として,不適切なものは次のうちどれか。

(1)後輪駆動(FR車)の5速MT車で4速(直結),エンジン回転速度3000min-1で走行中に100Hzの車体振動が発生したため,プロペラ・シャフトのジョイント角を点検した。

(2)高速道路を走行中,100km/hでステアリング・ホイールの回転方向にほぼ一定レベルの周波数13.6Hzの振動が発生したため,タイヤ(直径65cm)のアンバランス点検を行った。

(3)後輪駆動(FR車)の5速MT車において,中高速時に全てのシフト・ポジションで「クー」という高く澄んだ音が発生したので,ディファレンシャル・ギヤ(ファイナル・ギヤ)のうなり音と判断し,ディファレンシャル・ギヤ(ファイナル・ギヤ)を点検した。

(4)4サイクル4気筒エンジンで,Dレンジのアイドル回転(700min-1)時に,ステアリング・ホイール及びシートに振動が発生し,周波数が10Hzだったためエンジンのトルク変動と診断し,エンジン・マウンティングを点検した。

 

解く

(1)後輪駆動(FR車)の5速MT車で4速(直結),エンジン回転速度3000min-1で走行中に100Hzの車体振動が発生したため,プロペラ・シャフトのジョイント角を点検した。

適切

3000÷60×2100

 

(2)高速道路を走行中,100km/hでステアリング・ホイールの回転方向にほぼ一定レベルの周波数13.6Hzの振動が発生したため,タイヤ(直径65cm)のアンバランス点検を行った。

適切

100÷3.6÷(0.65×3.14)=1.3609・・・

 

(3)後輪駆動(FR車)の5速MT車において,中高速時に全てのシフト・ポジションで「クー」という高く澄んだ音が発生したので,ディファレンシャル・ギヤ(ファイナル・ギヤ)のうなり音と判断し,ディファレンシャル・ギヤ(ファイナル・ギヤ)を点検した。

適切

ファイナル・ギヤのうなり音

のように“クー”という高く澄んだ音が聴こえる。(特定の振動周波数でピークになる。)

 

FF 車では前席から, FR 車では主に後席より聴こえる。

振動周波数は, 400~1500Hz くらいである。

発生車速は,シフト位置には関係なく, 40~50km/h 以上の中高速で,加速,減速,あるいは,一定速,いずれかの場合に発生する。

例えば,加速で発生した場合には,アクセル・ペダルを離すと音が消えるが,減速の場合はこの逆となる。

 

(4)4サイクル4気筒エンジンで,Dレンジのアイドル回転(700min-1)時に,ステアリング・ホイール及びシートに振動が発生し,周波数が10Hzだったためエンジンのトルク変動と診断し,エンジン・マウンティングを点検した。

不適切

エンジンのトルク変動:700÷60×223.333・・・

 

よって答えは 4

 

平成23年3月実施1級小型問題39:オート・エアコンのブロア・モータ回路の故障診断

図に示すオート・エアコンのブロア・モータ回路の故障診断に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。なお,図は,参考としてイグニション・スイッチON時を示している。

(1)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動停止条件時にも関わらず,V6の端子を外してもブロア・モータが作動する場合は,パワーTrユニットの不良が考えられる。

(2)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動停止条件時にも関わらず,V4の端子を外してもブロア・モータが停止しない場合は,ブロア・モータの不良が考えられる。

(3)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動条件時にも関わらずブロア・モータが作動しないときに,V3に電圧がありV4に電圧がない場合は,パワーTrユニットの断線が考えられる。

(4)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動停止条件時にも関わらずブロア・モータが作動するときに,VlとV5の端子を外してもブロア・モータが停止しない場合は,Vl,V4,V5の端子間で短絡(地絡)が考えられる。

解く

(1)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動停止条件時にも関わらず,V6の端子を外してもブロア・モータが作動する場合は,パワーTrユニットの不良が考えられる。

適切

(2)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動停止条件時にも関わらず,V4の端子を外してもブロア・モータが停止しない場合は,ブロア・モータの不良が考えられる。

適切

(3)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動条件時にも関わらずブロア・モータが作動しないときに,V3に電圧がありV4に電圧がない場合は,パワーTrユニットの断線が考えられる。

不適切

ブロア・モータの不良

(4)イグニション・スイッチONで,ブロア・モータ駆動停止条件時にも関わらずブロア・モータが作動するときに,VlとV5の端子を外してもブロア・モータが停止しない場合は,Vl,V4,V5の端子間で短絡(地絡)が考えられる。

適切

よって答えは3

 

 

 

 

平成23年3月実施1級小型問題38修正:ABSのモータ回路の故障原因

図に示すABSのモータ回路の故障原因と表のダイアグノーシス・コードに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。ただし,ポンプ・モータ・リレーは正常とする。なお,電圧の測定はポンプ・モータ・リレーがOFFの状態で行った。

(1)バッテリ~V3端子間が正常で,V3に電圧があり,Vlに電圧がなく,ヒューズが正常な場合は,ABS・ECU内Rの断線が考えられ,「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

(2)Vlに電圧があり,V2に電圧がなく,ヒューズに異常がない場合は,Vlの端子~ヒューズ間の断線が考えられ,「52」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

(3)V4に電圧があり,コネクタAを外してV5に電圧がない場合は,ポンプ・モータの断線が考えられ,「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

(4)V3に電圧があり,Vlに電圧がなく,ヒューズが断線している場合は,Vlの端子~ヒューズ間の短絡(地絡)が考えられ,「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

 

 

解く

(1)バッテリ~V3端子間が正常で,V3に電圧があり,Vlに電圧がなく,ヒューズが正常な場合は,ABS・ECU内Rの断線が考えられ,「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

不適切

ポンプ・モータ・リレーOFF出力時のMCK端子電圧が3V以上MCK端子電圧VABSECUマイコン入力電圧なし。

ポンプ・モータ・リレーON出力時のMCK端子電圧が4.5V以下:MCK端子電圧12VABSECUマイコン入力電圧なし。

「52」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

(2)Vlに電圧があり,V2に電圧がなく,ヒューズに異常がない場合は,Vlの端子~ヒューズ間の断線が考えられ,「52」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

不適切

 

Vlに電圧があり,V2に電圧がなく,ヒューズに異常がない場合

「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

(3)V4に電圧があり,コネクタAを外してV5に電圧がない場合は,ポンプ・モータの断線が考えられ,「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

適切

V4に電圧があり,コネクタAを外してV5に電圧がない場合

(4)V3に電圧があり,Vlに電圧がなく,ヒューズが断線している場合は,Vlの端子~ヒューズ間の短絡(地絡)が考えられ,「53」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

不適切

Vlの端子~ヒューズ間の短絡(地絡)

「52」のダイアグノーシス・コードが検出されている。

よって答えは 3

 

 

 

 

 

平成23年3月実施1級小型問題37:スロットル・バルブ・スイッチ回路の故障診断

図に示すスロットル・バルブ・スイッチ回路の故障診断に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。

(1)Vlに電圧がない場合は,エンジンECUの不良が考えられ,V2に電圧があり,アクセル・ペダル全閉の状態でV3に電圧がない場合は,スロットル・バルブ・スイッチの不良が考えられる。

(2)アクセル・ペダル全開の状態でV4に電圧があり,V5にも電圧がある場合は,AT・ECU内での断線が考えられる。

(3)V2に電圧があり,アクセル・ペダル全開の状態でコネクタAとコネクタBを外したときに,V3に電圧がある場合は,スロットル・バルブ・スイッチ内部での短絡が考えられる。

(4)アクセル・ペダル全閉の状態でV3に電圧があり,V6にも電圧がある場合は,コネクタA~コネクタC間の配線と,コネクタB~コネクタD間の配線との線間での短絡が考えられる。

 

解く

全閉、全開以外

(1)Vlに電圧がない場合は,エンジンECUの不良が考えられ,V2に電圧があり,アクセル・ペダル全閉の状態でV3に電圧がない場合は,スロットル・バルブ・スイッチの不良が考えられる。

適切

Vlに電圧がない場合は,エンジンECUの不良

アクセル・ペダル全閉の状態でV3に電圧がない場合は,スロットル・バルブ・スイッチの不良

(2)アクセル・ペダル全開の状態でV4に電圧があり,V5にも電圧がある場合は,AT・ECU内での断線が考えられる。

不適切

アクセル・ペダル全開の状態

アクセル・ペダル全開の状態かつAT・ECU内での断線:V4=V5=0V

(3)V2に電圧があり,アクセル・ペダル全開の状態でコネクタAとコネクタBを外したときに,V3に電圧がある場合は,スロットル・バルブ・スイッチ内部での短絡が考えられる。

適切

(4)アクセル・ペダル全閉の状態でV3に電圧があり,V6にも電圧がある場合は,コネクタA~コネクタC間の配線と,コネクタB~コネクタD間の配線との線間での短絡が考えられる。

適切

よって答えは 2

 

 

 

平成23年3月実施1級小型問題36:電子制御式AT:「常に変速時のショックが大きい」という不具合の推定原因

前進4段のロックアップ機構付き電子制御式ATにおいて,「常に変速時のショックが大きい」という不具合の推定原因として,不適切なものは次のうちどれか。

(1)スロットル・ポジション・センサの開き側への特性異常

(2)ライン・プレッシャ・ソレノイド・バルブの内部断線

(3)ライン・プレッシャ・ソレノイド・バルブの通電OFF側への機械的な固着

(4)油温センサの内部短絡

 

 

解く

ライン・プレッシャが高くなる故障

 

(1)スロットル・ポジション・センサの開き側への特性異常

適切

 

(2)ライン・プレッシャ・ソレノイド・バルブの内部断線

適切

ライン・プレッシャがドレーンされなくなる。

 

(3)ライン・プレッシャ・ソレノイド・バルブの通電OFF側への機械的な固着

適切

ライン・プレッシャがドレーンされなくなる。

 

 

(4)油温センサの内部短絡

不適切

超高温の情報が入力されるが、特別な制御はしていない。

通常通りである。

 

 

よって答えは 4