自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

整備工場の環境対応に関する記述:平成30年3月実施1級小型問題42

自動車整備士資格の勉強始めました

整備工場の環境対応に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)ダイオキシン類は,炭素,酸素,水素,塩素等が熱せられるような過程において自然に発生する副生成物で,整備工場においては,補修部品や用品の包装用フィルム等を焼却する場合に発生する可能性がある。


(2)油水分離槽は,工場排水(ピット排水,洗車場排水)から油分等を取り除き排水することによって下水や河川の汚濁を防止するもので,油水分離槽にたまった泥等は,専門業者に依頼するなどして定期的に取り除く必要がある。


(3)整備工場から発生する騒音・振動は,排気音,急発進や急停止のタイヤ・スリップ音,クラクション,エア・コンプッレッサ,スチーム・クリーナ等を発生源とするものが多く,これらの騒音・振動に対する近隣住民への生活環境保護規制がある。


(4)整備事業場から排出されたオイル缶,シンナー(有機溶剤)は,「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「資源の有効な利用の促進に関する法律」により管理する必要がある。

解く
(1)ダイオキシン類は,炭素,酸素,水素,塩素等が熱せられるような過程において自然に発生する副生成物で,整備工場においては,補修部品や用品の包装用フィルム等を焼却する場合に発生する可能性がある。
適切


(2)油水分離槽は,工場排水(ピット排水,洗車場排水)から油分等を取り除き排水することによって下水や河川の汚濁を防止するもので,油水分離槽にたまった泥等は,専門業者に依頼するなどして定期的に取り除く必要がある。
適切


(3)整備工場から発生する騒音・振動は,排気音,急発進や急停止のタイヤ・スリップ音,クラクション,エア・コンプッレッサ,スチーム・クリーナ等を発生源とするものが多く,これらの騒音・振動に対する近隣住民への生活環境保護規制がある。
適切


(4)整備事業場から排出されたオイル缶,シンナー(有機溶剤)は,「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「資源の有効な利用の促進に関する法律」により管理する必要がある。

不適切

シンナー(有機溶剤)は,特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)により管理する必要がある。

 

 

整備工場から排出される廃棄物

廃棄物発生源

関連法規制

処理・管理

処理方法(委託先等)

オイル・フイルタ

⑨⑩

分別保管

産業廃棄物処理業者等

オイル缶

⑨⑩

分別保管

産業廃棄物処理業者等

スプレー缶

分別保管

産業廃棄物処理業者等

エス(発泡スチロール類等を含む)

分別保管

メーカー引き取りリサイクル等

シンナー(有機溶剤)

分別保管・再利用

産業廃棄物処理業者等

粉塵(ブレーキ、クラッチディスク)

④⑨

分別保管

産業廃棄物処理業者等

振動

振動防止対策

行政指導に従う

騒音

騒音防止対策

行政指導に従う

悪臭

発生源の削減

フィルタ等交換

行政指導に従う

排気ガス

点検整備

行政指導に従う

工場排水(洗車、床洗い、生活排水)

雨水・生活排水との完全分離

油水分離槽

公共下水道処理場

黒ニス・塗装ミスト

分別回収

定期的フィルタ交換

産業廃棄物処理業者等

泥・砂・油分

⑦⑨

回収

分別保管

産業廃棄物処理業者等

法規制<環境基本法

地球温暖化対策の推進に関する法律 ②特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)

③悪臭防止法  ④大気汚染防止法  ⑤騒音防止法  ⑥MSDS(化学物質安全性データシート) ⑦水質汚濁防止法

⑧振動規制法  ⑨廃棄物の処理及び清掃に関する法律  ⑩再生資源の利用の促進に関する法律  ⑪容器包装リサイクル法