自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

騒音・振動に関する故障診断の対処方法:平成30年3月実施1級小型問題40

https://pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp/webstart2/index.html

騒音・振動に関する故障診断の対処方法として,適切なものは次のうちどれか。


(1)中速時(70Km/h位)に耳を圧迫するようなこもり音が発生した場合,騒音計の補正特性は,低周波数に対して感度がよいA特性を選択する。


(2)惰行時のこもり音の診断において,車両をリフト・アップ後,ドライブ・シャフトを取り外すとこもり音が解消する場合は,ドライブ・シャフトに不具合があると考えられ,解消しない場合は夕イヤに不具合があると考えられる。


(3)シミーやフラッタ現象を解消するため,位相合わせによるタイヤの振れの修正を行う場合は,夕イヤとホイールの振れを記録し,タイヤの凸部にホイールの凹部を合わせるように組み替える。


(4)プロペラ・シャフトのアンバランスの修正について,振動・騒音分析器の修正機能(計算結果表示画面)を用いる場合は,「試し重り」を取り外すことなく,画面指示どおりに「修正重り」を取り付ける


解く
(1)中速時(70Km/h位)に耳を圧迫するようなこもり音が発生した場合,騒音計の補正特性は,低周波数に対して感度がよいA特性を選択する。

不適切:C特性のほうが、騒音計の補正特性は,低周波数に対して感度がよい。
適切な内容に訂正

(1)中速時(70Km/h位)に耳を圧迫するようなこもり音が発生した場合,騒音計の補正特性は,人の聴覚に近いA特性を選択する。


(2)惰行時のこもり音の診断において,車両をリフト・アップ後,ドライブ・シャフトを取り外すとこもり音が解消する場合は,ドライブ・シャフトに不具合があると考えられ,解消しない場合は夕イヤに不具合があると考えられる。
不適切
適切な内容に訂正
(2)惰行時のこもり音の診断において,車両をリフト・アップ後,ドライブ・シャフトを取り外すとこもり音が解消する場合は,ドライブ・シャフトに不具合があると考えられ,解消しない場合はドライブ・シャフト以前に不具合があると考えられる。

 

(3)シミーやフラッタ現象を解消するため,位相合わせによるタイヤの振れの修正を行う場合は,夕イヤとホイールの振れを記録し,タイヤの凸部にホイールの凹部を合わせるように組み替える。

適切

f:id:n9h28eg0:20201230225600p:plain



(4)プロペラ・シャフトのアンバランスの修正について,振動・騒音分析器の修正機能(計算結果表示画面)を用いる場合は,「試し重り」を取り外すことなく,画面指示どおりに「修正重り」を取り付ける。

不適切
(4)プロペラ・シャフトのアンバランスの修正について,振動・騒音分析器の修正機能(計算結果表示画面)を用いる場合は,「試し重り」を取り外して,画面指示どおりに「修正重り」を取り付ける。


よって答えは(3)