自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

SRSエア・バッグに関する記述:平成31年3月実施1級小型問題29

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

SRSエア・バッグに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)助手席エア・バッグのデュアル・インフレータは,第1燃焼室と第2燃焼室にそれぞれ着火装置のスクイブがあり,衝突(G)の大きさなどによりSRS・ECUが点火タイミングを制御し,同時に着火させるか,第1燃焼室のみを着火させて,エア・バッグに作用する圧力を発生させている。


(2)乗員姿勢検知ユニット内の乗員姿勢検知判定部は,誘電体である乗員の有無やサイズを検知し,助手席サイド・エア・バッグを作動できる状態か否かを判定して,SRS・ECUに信号を送り,助手席サイド・エア・バッグを作動できない状態が2~3秒続くと,サイド・エア・バッグ警告灯を点灯させる。


(3)エア・バッグ及びサイド・エア・バッグを単体で点検する場合は,イグニション・スイッチをOFFにし,バッテリ端子を外してから3分以上経過後であれば,抵抗測定に限って単体点検が可能となる。


(4)サイド・エア・バッグ・アセンブリの助手席乗員検知システムでは,シート表皮下に設置された一つのアンテナからの出力で,乗員(誘電体)の有無と乗員のサイズを検知している。

解く
(1)助手席エア・バッグのデュアル・インフレータは,第1燃焼室と第2燃焼室にそれぞれ着火装置のスクイブがあり,衝突(G)の大きさなどによりSRS・ECUが点火タイミングを制御し,同時に着火させるか,第1燃焼室のみを着火させて,エア・バッグに作用する圧力を発生させている。
不適切
適切な内容に訂正
(1)助手席エア・バッグのデュアル・インフレータは,第1燃焼室と第2燃焼室にそれぞれ着火装置のスクイブがあり,衝突(G)の大きさなどによりSRS・ECUが点火タイミングを制御し,同時に着火させるか,又は第1燃焼室に着火させた後,ディレイ・タイムを設けて着火させ,エア・バッグに作用する圧力を制御している。

f:id:n9h28eg0:20201114071233p:plain

(2)乗員姿勢検知ユニット内の乗員姿勢検知判定部は,誘電体である乗員の有無やサイズを検知し,助手席サイド・エア・バッグを作動できる状態か否かを判定して,SRS・ECUに信号を送り,助手席サイド・エア・バッグを作動できない状態が2~3秒続くと,サイド・エア・バッグ警告灯を点灯させる。
適切

f:id:n9h28eg0:20201114071333p:plain

(3)エア・バッグ及びサイド・エア・バッグを単体で点検する場合は,イグニション・スイッチをOFFにし,バッテリ端子を外してから3分以上経過後であれば,抵抗測定に限って単体点検が可能となる。

不適切
適切な内容に訂正
(3)エア・バッグ及びサイド・エア・バッグを単体で点検する場合は,イグニション・スイッチをOFFにし,バッテリ端子を外してから3分以上経過後であっても単体での抵抗測定など電気的点検は,導通時の電流により作動(展開)する可能性があり大変危険であ絶対に行わないこと


(4)サイド・エア・バッグ・アセンブリの助手席乗員検知システムでは,シート表皮下に設置された一つのアンテナからの出力で,乗員(誘電体)の有無と乗員のサイズを検知している。

不適切

適切な内容に訂正

(4)サイド・エア・バッグ・アセンブリの助手席乗員検知システムでは,シート表皮下に設置された複数のアンテナからの出力で,乗員(誘電体)の有無と乗員のサイズを検知している。

f:id:n9h28eg0:20201114071742p:plain

よって答えは(2)