自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

スチール・ベルト式無段変速機(CVT)に関する記述:平成31年3月実施1級小型問題28

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

スチール・ベルト式無段変速機(CVT)に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)リバース・シグナル・バルブは,各セレクト・ポジションに応じて回路を切り替え,フォワード時とリバース時でライン・プレッシャに差圧を発生させており,また,P,RレンジでのON・OFFソレノイド・バルブのフェイルセーフ時のロックアップ誤作動を防止している。


(2)スイッチ・バルブは,デューティ・ソレノイド・バルブからの作動圧により回路を「フォワード・クラッチ&リバース・ブレーキ制御側」と「ロックアップ制御側」に切り替えている。


(3)N,Pレンジ時には,スリップ・コントロール・バルブはクラッチ解放側に位置しており,また,セレクト・レバーに直結したマニュアル・バルブがクラッチ及びブレーキ作動圧回路を解放するので,フォワード・クラッチ及びリバース・ブレーキは解放される。


(4)マニュアル・バルブは,各セレクト・ポジションに応じて回路を切り替え,ライン・プレッシャをフォワード・クラッチ,リバース・ブレーキに配送している。

 

解く
(1)リバース・シグナル・バルブは,各セレクト・ポジションに応じて回路を切り替え,フォワード時とリバース時でライン・プレッシャに差圧を発生させており,また,P,RレンジでのON・OFFソレノイド・バルブのフェイルセーフ時のロックアップ誤作動を防止している。
不適切
適切な内容に訂正
(1)リバース・シグナル・バルブは,各セレクト・ポジションに応じて回路を切り替え,フォワード時とリバース時でクラッチ・プレッシャに差圧を発生させており,また,P,RレンジでのON・OFFソレノイド・バルブのフェイルセーフ時のロックアップ誤作動を防止している。

f:id:n9h28eg0:20201112064518p:plain

(2)スイッチ・バルブは,デューティ・ソレノイド・バルブからの作動圧により回路を「フォワード・クラッチ&リバース・ブレーキ制御側」と「ロックアップ制御側」に切り替えている。
不適切
適切な内容に訂正
(2)スイッチ・バルブは,ON・OFF ソレノイド・バルブからの作動圧により回路を「フォワード・クラッチ&リバース・ブレーキ制御側」と「ロックアップ制御側」に切り替えている。

f:id:n9h28eg0:20201112064711p:plain

(3)N,Pレンジ時には,スリップ・コントロール・バルブはクラッチ解放側に位置しており,また,セレクト・レバーに直結したマニュアル・バルブがクラッチ及びブレーキ作動圧回路を解放するので,フォワード・クラッチ及びリバース・ブレーキは解放される。
適切

f:id:n9h28eg0:20201112064800p:plain

(4)マニュアル・バルブは,各セレクト・ポジションに応じて回路を切り替え,ライン・プレッシャをフォワード・クラッチ,リバース・ブレーキに配送している。
不適切
適切な内容に訂正
(4)マニュアル・バルブは,各セレクト・ポジションに応じて回路を切り替え,クラッチ・プレッシャをフォワード・クラッチ,リバース・ブレーキに配送している。

よって答えは(3)