自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

SRSエア・バッグ・システム及びプリテンショナ式シート・ベルト:平成25年3月実施1級小型問題29

自動車整備士資格の勉強始めました

 

SRSエア・バッグ・システム及びプリテンショナ式シート・ベルトに関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)プリテンショナ・シート・ベルトは,ー定限度を超えた車両の前方向衝突時に作動する構造であるため,衝突条件やシート・ベルト装着条件により,エア・バッグが作動していなくてもプリテンショナ・シート・ベルトだけが作動することもある。


(2)助手席エア・バッグ・アセンブリのデュアル・インフレータの点火タイミングは,衝突(G)の大きさなどにより制御されており,第1燃焼室と第2燃焼室を同時に着火させるか,又は第1燃焼室に着火させた後,ディレイ・タイムを設けて第2燃焼室に着火させている。


(3)SRS・ECUの脱着及びSRS・ECUに接続するカプラの取り外しは.SRS・ECUのバックアップ電源回路があるため,イグニション・スイッチをOFFにし,バッテリ端子を外した直後に行うことができる。


(4)サイド・エア・バッグ・アセンブリの助手席乗員検知システムでは,シート表皮下に設置された複数のアンテナからの出力比の差を計算して,乗員(誘電体)の有無や乗員のサイズを検知している。

 

 

 

 

 

 

 

解く

(1)プリテンショナ・シート・ベルトは,ー定限度を超えた車両の前方向衝突時に作動する構造であるため,衝突条件やシート・ベルト装着条件により,エア・バッグが作動していなくてもプリテンショナ・シート・ベルトだけが作動することもある。
適切

f:id:n9h28eg0:20210227070013p:plain
(2)助手席エア・バッグ・アセンブリのデュアル・インフレータの点火タイミングは,衝突(G)の大きさなどにより制御されており,第1燃焼室と第2燃焼室を同時に着火させるか,又は第1燃焼室に着火させた後,ディレイ・タイムを設けて第2燃焼室に着火させている。
適切

f:id:n9h28eg0:20210227070106p:plain
(3)SRS・ECUの脱着及びSRS・ECUに接続するカプラの取り外しは.SRS・ECUのバックアップ電源回路があるため,イグニション・スイッチをOFFにし,バッテリ端子を外した直後に行うことができる。
不適切

Ⓐの作業を行う場合は,イグニション・スイッチをOFFにして,バッテリのケープルを外してから3分以上放置し,Ⓑのカプラを外してから作業を行うこと。

Ⓐ脱着又は接続外しの作業項目

Ⓑ先に実施するカプラの接続外し(記号)

SRS・ECUの脱着

カプラD1,P1,TD1,TP1,SD及びSP

ケープル・リールの脱着又はカプラD2の接続外し

カプラD1

運転席又は助手席用側面衝突センサの脱着

カプラSD及びSP

SRS・ECUからカプラU10を外す。

カプラD1及びP1

SRS・ECUからカプラU20を外す。

カプラTD1,TP1,SD及びSP

カプラTD2を外す

カプラTD1

カプラTP2を外す

カプラTP1

f:id:n9h28eg0:20210227070236p:plain


(4)サイド・エア・バッグ・アセンブリの助手席乗員検知システムでは,シート表皮下に設置された複数のアンテナからの出力比の差を計算して,乗員(誘電体)の有無や乗員のサイズを検知している。
適切

 

f:id:n9h28eg0:20210227070305p:plain

よって答えは 3