自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

振動と騒音の防止:令和2年3月実施1級小型問題24

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

振動と騒音の防止に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)振動抑制(ダンピング)材料は,振動エネルギを熱エネルギに変換することにより,振動体の振動レベルを減少させるものであり,その種類は非拘束型と拘束型に分類される。


(2)マス・ダンパは,共振系にばね(実際にはゴム)と重りを取り付けることにより,一つの固有振動数による大きな振動を二つの固有振動数による小さな振動に分散し,振動レベルや音圧レベルを小さくするものである。


(3)一般に,音は高い振動周波数ほど遮音しやすく,遮音性能を高める場合には,遮音壁を厚くしたり,ダッシュ・パネル部,ホイール・ハウス部などの遮音壁を二重にするなどの工夫が施されている。


(4)吸音材には,多孔質で通気性の高いグラスウール,フェルトなどがあり,一般に,高い振動周波数帯に効果があり,厚くなるほど低い振動周波数も補完する。

解く

(1)振動抑制(ダンピング)材料は,振動エネルギを熱エネルギに変換することにより,振動体の振動レベルを減少させるものであり,その種類は非拘束型と拘束型に分類される。
適切

f:id:n9h28eg0:20200820094607p:plain

(2)マス・ダンパは,共振系にばね(実際にはゴム)と重りを取り付けることにより,一つの固有振動数による大きな振動を二つの固有振動数による小さな振動に分散し,振動レベルや音圧レベルを小さくするものである。

不適切

適切な内容に訂正

(2)ダイナミック・ダンパは,共振系にばね(実際にはゴム)と重りを取り付けることにより,一つの固有振動数による大きな振動を二つの固有振動数による小さな振動に分散し,振動レベルや音圧レベルを小さくするものである。

f:id:n9h28eg0:20200820094937p:plain


(3)一般に,音は高い振動周波数ほど遮音しやすく,遮音性能を高める場合には,遮音壁を厚くしたり,ダッシュ・パネル部,ホイール・ハウス部などの遮音壁を二重にするなどの工夫が施されている。

適切

f:id:n9h28eg0:20200820095215p:plain

(4)吸音材には,多孔質で通気性の高いグラスウール,フェルトなどがあり,一般に,高い振動周波数帯に効果があり,厚くなるほど低い振動周波数も補完する。
適切

f:id:n9h28eg0:20200820095445p:plain

よって答えは(2)