自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

CAN通信:令和2年3月実施1級小型問題4

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

CAN通信に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。

(1)CAN通信の「メッセージ」のデータ構成の「コントロール・フィールド」は,メッセージの信号量を表し,「識別子フィールド」は,複数のメッセージが同時に送信されそうになったときの優先順位を表す。

(2)バス・ラインの断線,短絡及び終端抵抗の点検は,サーキット・テスタでは行えないため,オシロスコープを使用する必要がある。これは,サーキット・テスタからの通電電流が回路に影響を与えるためである。

(3)CAN通信の「メッセージ」のデータ構成の「スタート・オブ・フレーム」は,メッセージの始まりを示し,「エンド・オブ・フレーム」は,メッセージ間の区切りを表す。

(4)デジタル信号を作るにあたって,信号線間の電圧差を用いる方式のものをシングル・エンドといい,信号線と信号アース線間の電圧差を用いる方式のものをディファレンシャル・エンドという。

 

解く

(1)CAN通信の「メッセージ」のデータ構成の「コントロール・フィールド」は,メッセージの信号量を表し,「識別子フィールド」は,複数のメッセージが同時に送信されそうになったときの優先順位を表す。

適切

 

(2)バス・ラインの断線,短絡及び終端抵抗の点検は,サーキット・テスタでは行えないため,オシロスコープを使用する必要がある。これは,サーキット・テスタからの通電電流が回路に影響を与えるためである。

点検・整備の対応として車載式故障診断装置には,通信異常,バス・ラインの異常の検知及び ECU の診断機能が組み込まれ, CAN 通信システムと ECU ごとにダイアグノーシスが設定されている。 CAN 通信システムにトラブルが発生した場合は,ダッシュ・ボードのメータ・パネル又はモニタ・ディスプレイなどでトラブル発生の警告を行う。

警告システムは,該当装置によって様々で,ダイアグノーシス・コードなどのリストは,該当メーカの仕様及び手順に従い,専用外部診断器の活用が必須であるが,外部診断器以外の点検は,オシロスコープを活用した CAN バス・ラインへのノイズ混入とデジタル信号波形の確認が可能である。

この信号電圧波形の確認の点検は,目安程度のものであるが経験を積むと推測の領域は深くなる。また,サーキット・テスタによる点検では,バス・ラインの断線,短絡及び終端抵抗の確認が可能である。

不適切

適切な内容に訂正

(2)バス・ラインの断線,短絡及び終端抵抗の点検は,サーキット・テスタでは行える。

 

(3)CAN通信の「メッセージ」のデータ構成の「スタート・オブ・フレーム」は,メッセージの始まりを示し,「エンド・オブ・フレーム」は,メッセージ間の区切りを表す。

不適切

適切な内容に訂正

(3)CAN通信の「メッセージ」のデータ構成の「スタート・オブ・フレーム」は,メッセージの始まりを示し,「エンド・オブ・フレーム」は,メッセージの終わりを表す。

 

(3)CAN通信の「メッセージ」のデータ構成の「スタート・オブ・フレーム」は,メッセージの始まりを示し,「インタ・フレーム・スペース」は,メッセージ間の区切りを表す。

 

(4)デジタル信号を作るにあたって,信号線間の電圧差を用いる方式のものをシングル・エンドといい,信号線と信号アース線間の電圧差を用いる方式のものをディファレンシャル・エンドという。

 不適切

適切な内容に訂正

 (4)デジタル信号を作るにあたって,信号線間の電圧差を用いる方式のものをディファレンシャル・エンドといい,信号線と信号アース線間の電圧差を用いる方式のものをシングル・エンドという。

よって答えは(1)