自動車整備士資格の勉強始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

自動車にかかわる環境問題と環境保全への取り組み:平成28年3月実施1級小型問題43

自動車整備士資格の勉強始めました

↑リンク腕試し過去問で

自動車にかかわる環境問題と環境保全への取り組みに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)化石燃料の燃焼によって発生する物質の中で,特にCO2は大都市を中心に大気汚染の原因となって呼吸器障害等の原因となるため,排出ガスの浄化,工場排煙のクリーン化等が行われている。
(2)アスベストは,強じんで耐久性に優れていることから,現在も自動車のブレーキ,クラッチの摩擦材に使われているが,この粉じんを吸い込むと健康を害するため,将来は全廃するよう代替材料の研究が進められている。
(3)地球温暖化に対応するため,使用済自動車解体時やカー・エアコン修理時のフロン大気放出の抑止(回収,破壊)の導入の検討が行われている。
(4)産業活動に伴う各種廃棄物に含まれる有害物質等による土壌の汚濁や,水資源の汚濁等が問題になっているため,オイル類,エンジン冷却水等の回収処理,工場排水浄化槽の設置等が行われている。


解く
(1)化石燃料の燃焼によって発生する物質の中で,特にCO2は大都市を中心に大気汚染の原因となって呼吸器障害等の原因となるため,排出ガスの浄化,工場排煙のクリーン化等が行われている。
不適切
適切な内容に訂正
(1)化石燃料の燃焼によって発生する物質の中で,特に排出ガスや焼却炉排煙等は大都市を中心に大気汚染の原因となって呼吸器障害等の原因となるため,排出ガスの浄化,工場排煙のクリーン化等が行われている。

 

(2)アスベストは,強じんで耐久性に優れていることから,現在も自動車のブレーキ,クラッチの摩擦材に使われているが,この粉じんを吸い込むと健康を害するため,将来は全廃するよう代替材料の研究が進められている。
不適切
現在は使われていない。


(3)地球温暖化に対応するため,使用済自動車解体時やカー・エアコン修理時のフロン大気放出の抑止(回収,破壊)の導入の検討が行われている。
不適切
適切な内容に訂正
(3)地球温暖化オゾン層の破壊に対応するため,使用済自動車解体時やカー・エアコン修理時のフロン大気放出の抑止(回収,破壊)が導入されている。

 

(4)産業活動に伴う各種廃棄物に含まれる有害物質等による土壌の汚濁や,水資源の汚濁等が問題になっているため,オイル類,エンジン冷却水等の回収処理,工場排水浄化槽の設置等が行われている。
適切

よって答えは(4)

環境保全への取り組み

 

環境問題

環境物質

取り組み内容

地球的問題

オゾン層の破壊

特定フロン(CFC12

使用済み自動車解体時,カー・エアコン修理時のフロン大気放出の抑止(回収,破壊)等

地球的問題

地球温暖化

CO2

燃料消費率の向上,クリーン・エネルギ車開発,エコ・ドライブの励行等

地球的問題

地球温暖化

代替フロンHFC134a)

使用済み自動車解体時,カー・エアコン修理時のフロン大気放出の抑止(回収,破壊)等

局地的問題

廃棄物

産業廃棄物

使用済み自動車

リサイクルの推進,リサイクルしやすい車の開発,廃棄物の量の削減等

局地的問題

大気汚染

排出ガス,焼却炉排煙等

排出ガスの浄化,工場排煙のクリーン化等

局地的問題

水質汚濁

工場排水等

オイル類,エンジン冷却水等の回収処理,工場排水浄化槽の設置等

局地的問題

粉塵

ディーゼル黒煙

アスベスト粉塵等

ディーゼル排出ガスの浄化,アスベスト材の使用撤廃等

局地的問題

騒音・振動

エンジン振動・騒音,排気騒音

タイヤ騒音等

エンジン本体の改良,エンジンルームの遮蔽,マフラの改良,タイヤ構造の改良等