自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

小型四輪乗用自動車(最高速度100km/h,車幅1.69m,乗車定員5人)の灯火装置の基準:令和2年3月実施1級小型問題48

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

道路運送車両の保安基準」及び「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」に照らし,小型四輪乗用自動車(最高速度100km/h,車幅1.69m,乗車定員5人)の灯火装置の基準に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)車幅灯の灯光の色は,白色であること。ただし,方向指示器,非常点滅表示灯又は側方灯と構造上一体となっているもの又は兼用のものにあっては,橙色であってもよい。


(2)走行用前照灯の灯光の色は,白色であり,かつ,その最高光度の合計は460,000cdを超えないこと。


(3)制動灯の灯光の色は,赤色であり,かつ,その照明部の上縁の高さが地上1.5m以下,下縁の高さが地上0.25m以上となるように取り付けられていること。


(4)昼間走行灯の灯光の色は,白色であり,かつ,その照明部の大きさは,20cm2以上250cm2以下であること。

解く

(1)車幅灯の灯光の色は,白色であること。ただし,方向指示器,非常点滅表示灯又は側方灯と構造上一体となっているもの又は兼用のものにあっては,橙色であってもよい。
適切


(車幅灯) 第 201 条 車幅灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第 34 条第2項の告示で定める 基準は、次の各号に掲げる基準とする。この場合において、車幅灯の照明部の取扱いは、 別添 94「灯火等の照明部、個数、取付位置等の測定方法(第2章第2節及び同章第3節 関係)」によるものとする。
一 車幅灯は、夜間にその前方 300m の距離から点灯を確認できるものであり、かつ、 その照射光線は、他の交通を妨げないものであること。この場合において、その光源 が5W 以上で照明部の大きさが 15cm2 以上(平成 18 年1月1日以降に製作された自 動車に備える車幅灯にあっては、光源が5W 以上 30W 以下で照明部の大きさが 15cm2 以上)であり、かつ、その機能が正常な車幅灯は、この基準に適合するものとする。
車幅灯の灯光の色は、白色であること。ただし、方向指示器、非常点滅表示灯又は 側方灯と構造上一体となっているもの又は兼用のもの及び二輪自動車、側車付二輪自 動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車に備えるものにあっては、 とう 橙色であっ てもよい。
三 車幅灯の照明部は、車幅灯の中心を通り自動車の進行方向に直交する水平線を含む、 水平面より上方 15°の平面及び下方 15°の平面並びに車幅灯の中心を含む、自動車の 進行方向に平行な鉛直面より車幅灯の内側方向 45°の平面(二輪自動車、側車付二輪 自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車の左右それぞれに備えるものについ ては、内側方向 20°の平面)及び車幅灯の外側方向 80°の平面により囲まれる範囲に おいてすべての位置から見通すことができるものであること。


(2)走行用前照灯の灯光の色は,白色であり,かつ,その最高光度の合計は460,000cdを超えないこと。
不適切


前照灯等) 第 198 条 走行用前照灯と同等の性能を有する配光可変型前照灯を備える自動車として保 安基準第 32 条第1項の告示で定めるものは、灯光の色、明るさ等が協定規則第 149 号 の技術的な要件(同規則の規則 4.及び 5.3.に限る。)に定める基準に適合する走行用ビ ームを発することのできる配光可変型前照灯を備える自動車とする。
2 走行用前照灯の灯光の色、明るさ等に関し保安基準第 32 条第2項の告示で定める基 準は、次の各号に掲げる基準とする。
一 走行用前照灯(最高速度 20km/h 未満の自動車に備える走行用前照灯を除く。)は、 そのすべてを照射したときには、夜間にその前方 100m(除雪、土木作業その他特別 な用途に使用される自動車で地方運輸局長の指定するもの、最高速度 35km/h 未満の 大型特殊自動車及び農耕作業用小型特殊自動車にあっては、50m)の距離にある交通 上の障害物を確認できる性能を有するものであること。
二 最高速度 20km/h 未満の自動車に備える走行用前照灯は、安全な運行を確保できる 適当な光度を有すること。
三 走行用前照灯の灯光の色は、白色であること。
四 走行用前照灯は、灯器が損傷し又はレンズ面が著しく汚損していないこと。
五 走行用前照灯は、レンズ取付部に緩み、がた等がないこと。 六 次に掲げる走行用前照灯であってその機能を損なう損傷等のないものにかぎり、曲 線道路用配光可変型走行用前照灯として使用してもよい。
イ 指定自動車等に備えられたものと同一の構造を有し、かつ、同一の位置に備えら れた曲線道路用配光可変型走行用前照灯
ロ 法第 75 条の2第1項の規定に基づき装置の指定を受けた曲線道路用配光可変型 走行用前照灯又はこれに準ずる性能を有する曲線道路用配光可変型走行用前照灯
3 走行用前照灯の取付位置、取付方法等に関し、保安基準第 32 条第3項の告示で定める 基準は、次の各号(最高速度 20km/h 未満の自動車に備える走行用前照灯であってその 光度が 10,000cd 未満のものにあっては第1号、最高速度 20km/h 未満の自動車に備える 走行用前照灯であってその光度が 10,000cd 以上のものにあっては第1号、第4号及び第 6号から第 12 号まで)に掲げる基準とする。この場合において、走行用前照灯の照明 部、個数及び取付位置の測定方法は、別添 94「灯火等の照明部、個数、取付位置等の測 定方法(第2章第2節及び同章第3節関係)」によるものとする。
一 走行用前照灯の数は、2個又は4個であること。ただし、二輪自動車及び側車付二 輪自動車にあっては、1個又は2個、カタピラ及びそりを有する軽自動車、幅 0.8m 以下の自動車(二輪自動車を除く。)並びに最高速度 20km/h 未満の自動車(二輪自 動車及び側車付二輪自動車を除く。)にあっては、1個、2個又は4個であること。 このうち、被牽 けん 引自動車、最高速度 20km/h 未満の自動車(二輪自動車及び側車付二 輪自動車を除く。)、除雪、土木作業その他特別な用途に使用される自動車で地方運 輸局長の指定するもの、最高速度が 35km/h 未満の大型特殊自動車、二輪自動車、側 車付二輪自動車、農耕作業用小型特殊自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動 車を除く自動車にあっては、車両の左右各側において1個を曲線道路用配光可変型走 行用前照灯として使用してもよい。
二 4個の走行用前照灯(その全てが、消灯時に格納することができる走行用前照灯(以 下「格納式走行用前照灯」という。)であるものに限る。)を備える自動車にあって は、前号の規定にかかわらず、4個の走行用前照灯のほか、道路交通法第 52 条第1項 の規定により前照灯を点灯しなければならない場合以外の場合において、専ら手動に より短い間隔で断続的に点滅する又は交互に点灯させることにより警報を発すること を専らの目的とする前照灯を2個備えることができる。
三 走行用前照灯の最高光度の合計は、430,000cd を超えないこと。
四 走行用前照灯の照射光線は、自動車の進行方向を正射するものであること。ただし、 曲線道路用配光可変型走行用前照灯にあっては、その照射光線は、直進姿勢において 自動車の進行方向を正射するものであればよい。
五 走行用前照灯の点灯操作状態を運転者席の運転者に表示する装置を備えること。た だし、最高速度 35km/h 未満の大型特殊自動車、農耕作業用小型特殊自動車、二輪自 動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車にあっては、この 限りでない。
六 走行用前照灯は、走行用前照灯を1個備える場合を除き左右同数であり、かつ、前 面が左右対称である自動車に備えるものにあっては、車両中心面に対して対称の位置 に取り付けられたものであること。ただし、二輪自動車ですれ違い用前照灯の側方に 走行用前照灯を備えるものにあっては、走行用前照灯及びすれ違い用前照灯の中心が 車両中心面に対して対称の位置にあればよい。
七 走行用前照灯は、走行用前照灯の点灯操作を行ったときに自動車の両側に備える走 行用前照灯のうちそれぞれ1個又は全ての走行用前照灯が同時に点灯するものであ り、かつ、すれ違い用前照灯の点灯操作を行ったときに全ての走行用前照灯が消灯す るものであること。
八 走行用前照灯は、車幅灯、尾灯、前部上側端灯、後部上側端灯、番号灯及び側方灯 が消灯している場合に点灯できない構造であること。ただし、道路交通法第 52 条第1 項の規定により前照灯を点灯しなければならない場合以外の場合において、専ら手動 により走行用前照灯を短い間隔で断続的に点滅する、又は交互に点灯させる場合にあ っては、この限りでない。
九 走行用前照灯は、点滅するものでないこと。ただし、前号ただし書きの場合にあっ ては、この限りでない。
十 走行用前照灯の直射光又は反射光は、当該走行用前照灯を備える自動車の運転操作 を妨げるものでないこと。
十一 走行用前照灯は、その取付部に緩み、がた等がある等その照射光線の方向が振動、 衝撃等により容易にくるうおそれのないものであること。
十二 走行用前照灯は、前項に掲げる性能を損なわないように取り付けられていること。 この場合において、灯器のレンズ面等に光軸を変化させるものを貼付するなどしてお り、かつ、これにより配光等に著しい影響を与えているものは、この基準に適合しな いものとする。
十三 走行用前照灯は、その作動状態及び不作動状態に係る制御を自動で行う場合には、 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2019.11.15】〈第3節〉第 198 条(前照灯等) 3/9 次に掲げる要件に適合しなければならない。
イ 周囲の光の状態及び対向車又は先行車から発せられる灯光に反応すること。
ロ 当該制御を手動により行うことができ、かつ、手動により解除できること。
ハ 当該制御を自動で行う状態であることを運転者席の運転者に表示できること

適切な内容に訂正
(2)走行用前照灯の灯光の色は,白色であり,かつ,その最高光度の合計は430,000cdを超えないこと。

(3)制動灯の灯光の色は,赤色であり,かつ,その照明部の上縁の高さが地上1.5m以下,下縁の高さが地上0.25m以上となるように取り付けられていること。
不適切

(制動灯) 第 212 条 制動灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第 39 条第2項の告示で定める 基準は、次の各号に掲げる基準とする。この場合において、制動灯の照明部の取扱いは、 別添 94「灯火等の照明部、個数、取付位置等の測定方法(第2章第2節及び同章第3節 関係)」によるものとする。
一 制動灯は、昼間にその後方 100m の距離から点灯を確認できるものであり、かつ、そ の照射光線は、他の交通を妨げないものであること。この場合において、その光源が 15W 以上で照明部の大きさが 20cm 2以上(平成 18 年1月1日以降に製作された自動車 に備える制動灯にあっては、光源が 15W 以上 60W 以下で照明部の大きさが 20cm 2 以上) であり、かつ、その機能が正常な制動灯は、この基準に適合するものとする。
二 尾灯又は後部上側端灯と兼用の制動灯は、同時に点灯したときの光度が尾灯のみ又 は後部上側端灯のみを点灯したときの光度の5倍以上となる構造であること。
三 制動灯の灯光の色は、赤色であること。
四 制動灯の照明部は、制動灯の中心を通り自動車の進行方向に直交する水平線を含む、 水平面より上方 15°の平面及び下方 15°の平面並びに制動灯の中心を含む、自動車の 進行方向に平行な鉛直面より制動灯の内側方向 45°の平面及び制動灯の外側方向 45 °の平面により囲まれる範囲において全ての位置から見通すことができるものである こと。ただし、二輪自動車及び側車付二輪自動車の後面の中心に備えるものにあって は、制動灯の中心を通り自動車の進行方向に直交する水平面を含む、水平面より上方 15°の平面及び下方 15°の平面並びに制動灯の中心を含む、自動車の進行方向に平行 な鉛直面から左右にそれぞれ 45°の平面により囲まれる範囲において全ての位置か ら見通すことができるものとする。
五 制動灯は、灯器が損傷し、又はレンズ面が著しく汚損しているものでないこと。

2 次に掲げる制動灯であって、その機能を損なう損傷等のないものは、前項各号の基準 に適合するものとする。
一 指定自動車等に備えられているものと同一の構造を有し、かつ、同一の位置に備え られた制動灯 二 法第 75 条の2第1項の規定に基づき装置の指定を受けた制動灯又はこれに準ずる 性能を有する制動灯
3 制動灯の取付位置、取付方法等に関し、保安基準第 39 条第3項の告示で定める基準は、 次の各号に掲げる基準とする。この場合において、制動灯の照明部、個数及び取付位置 の測定方法は、別添 94「灯火等の照明部、個数、取付位置等の測定方法(第2章第2節 及び同章第3節関係)」によるものとする。
一 制動灯は、制動装置が協定規則第 13 号の技術的な要件(同規則第 11 改訂版補足第 16 改訂版の規則 5.2.1.30.又は 5.2.2.22.に限る。)又は協定規則第 13H 号の技術的 な要件(同規則改訂版補足改訂版の規則 5.2.22.に限る。)に定める制動信号を発す る場合に点灯する構造であること。
二 二輪自動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車以外の自 動車に備える制動灯は、その照明部の上縁の高さが地上 2.1m 以下、下縁の高さが地上 0.35m 以上(セミトレーラでその自動車の構造上地上 0.35m 以上に取り付けることができないものにあっては、取り付けることができる最高の高さ)となるように取り付 けられていること。
三 二輪自動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車に備える 制動灯は、その照明部の中心が地上2m 以下となるように取り付けられていること。
四 後面の両側に備える制動灯の取付位置は、前2号に規定するほか、第 206 条第3項 第4号及び第5号の基準に準じたものであること。
五 制動灯は、点滅するものでないこと。
六 制動灯の直射光又は反射光は、当該制動灯を備える自動車及び他の自動車の運転操 作を妨げるものでないこと。
七 制動灯は、自動車の前方を照射しないように取り付けられていること。
八 制動灯は、灯器の取付部及びレンズ取付部に緩み、がたがない等第1項(大型特殊 自動車(ポール・トレーラを除く。)及び小型特殊自動車にあっては、同項第4号に 係る部分を除く。)に掲げた性能(制動灯の H 面の高さが地上 750mm 未満となるよう に取り付けられている場合にあっては、同項に掲げた性能のうち同項第4号の基準中 「下方 15°」とあるのは「下方5°」とし、「内側方向 45°」とあるのは「内側方向 20°」とする。)を損なわないように取り付けられなければならない。ただし、自動 車の構造上、同項第4号に規定する範囲において、すべての位置から見通すことがで きるように取り付けることができない場合にあっては、可能な限り見通すことができ る位置に取り付けられていること。
九 二輪自動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車以外の自 動車(専ら乗用の用に供する自動車であって乗車定員 10 人未満のもの及び貨物の運送 の用に供する自動車であって車両総重量が 3.5t以下のもの(被牽 けん 引自動車を除く。) 並びにその形状がこれらの自動車の形状に類する自動車並びに車両総重量 750kg 以下 の被牽 けん 引自動車を除く。)であって、次のイからハまでの条件をすべて満足する場合 にあっては、第2号の基準は適用しない。この場合において、制動灯の H 面の高さが 地上 2,100mm 以上となるように取り付けられたものにあっては、第1項第3号の規定 中「上方 15°」とあるのは「上方5°」と読み替えるものとする。
イ 自動車の後面に補助制動灯が備えられていないこと。
ロ 後面の両側に備える制動灯が左右2個ずつであり、下側に備える制動灯にあって は、照明部の上縁の高さが地上 1,500mm 以下(大型特殊自動車小型特殊自動車並 びに除雪及び土木作業その他特別な用途に使用される自動車にあっては、地上 2,100mm 以下)であり、かつ、照明部の最外縁は自動車の最外側から 400mm 以内と なるように取り付けられていること。
ハ 後面の両側の上側に備える制動灯にあっては、自動車の構造上、可能な限り最も 高い位置に取り付けられており、かつ、その照明部の下縁と下側に備える制動灯の 照明部の上縁との垂直方向の距離が 600mm 以上離れていること。
4 次に掲げる制動灯であってその機能を損なう損傷等のないものは、前項各号の基準に 適合するものとする。
一 指定自動車等に備えられたものと同一の構造を有し、かつ、同一の位置に備えられ た制動灯
二 法第 75 条の2第1項の規定に基づき灯火器及び反射器並びに指示装置の取付装置 について装置の指定を受けた自動車に備える制動灯と同一の構造を有し、かつ、同一 の位置に備えられた制動灯又はこれに準ずる性能を有する制動灯

適切な内容に訂正
(3)制動灯の灯光の色は,赤色であり,かつ,その照明部の上縁の高さが地上2.1m以下,下縁の高さが地上0.35m以上となるように取り付けられていること。


(4)昼間走行灯の灯光の色は,白色であり,かつ,その照明部の大きさは,20cm2以上250cm2以下であること。
不適切

(昼間走行灯) 第 202 条の2 昼間走行灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第 34 条の3第2項の 告示で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。
一 昼間走行灯の光度は、1,440cd 以下であること。
二 昼間走行灯の照射光線は、他の交通を妨げないものであること。
三 昼間走行灯の灯光の色は、白色であること。
四 昼間走行灯は、灯器が損傷し、又はレンズ面が著しく汚損していないこと。
五 昼間走行灯は、レンズ取付部に緩み、がた等がないこと。
六 昼間走行灯の照明部の大きさは、25 ㎠以上 200 ㎠以下であること。

2 次に掲げる昼間走行灯であって、その機能を損なう損傷等のないものは、前項各号の 基準に適合するものとする。
一 指定自動車等に備えられているものと同一の構造を有し、かつ、同一の位置に備え られた昼間走行灯
二 法第 75 条の2第1項の規定に基づき指定を受けた特定共通構造部に備えられてい る昼間走行灯又はこれに準ずる性能を有する昼間走行灯
三 法第 75 条の3第1項の規定に基づき装置の指定を受けた昼間走行灯又はこれに準 ずる性能を有する昼間走行灯

3 昼間走行灯の取付位置、取付方法等に関し、保安基準第 34 条の3第3項の告示で定め る基準は、次の各号に掲げる基準とする。この場合において、昼間走行灯の照明部、 個数及び取付位置の測定方法は、別添 94「灯火等の照明部、個数、取付位置等の測定 方法(第2章第2節及び同章第3節関係)」によるものとする。
一 昼間走行灯の数は、2個であること。
二 昼間走行灯は、その照明部の最内縁において 600mm(幅が 1,300mm 未満の自動車に あっては、400mm)以上の間隔を有するものであること。
三 昼間走行灯は、その照明部の下縁の高さが地上 250mm 以上、上縁の高さが地上 1,500mm 以下となるように取り付けられていること。
四 前面が左右対称である自動車に備える昼間走行灯は、車両中心面に対し対称の位置 に取り付けられていること。
五 昼間走行灯の照明部は、昼間走行灯の中心を通り自動車の進行方向に直交する水平 線を含む、水平面より上方 10°の平面及び下方 10°の平面並びに昼間走行灯の中心を 含む、自動車の進行方向に平行な鉛直面より昼間走行灯の内側方向 20°の平面及び昼 間走行灯の外側方向 20°の平面により囲まれる範囲においてすべての位置から見通す ことができるものであること。 六 原動機の操作装置が始動の位置にないとき及び前部霧灯又は前照灯が点灯している ときは、昼間走行灯は自動的に消灯するように取り付けられなければならない。ただ し、道路交通法第 52 条第1項の規定により前照灯を点灯しなければならない場合以外 の場合において、専ら手動により走行用前照灯を短い間隔で断続的に点滅する、又は 交互に点灯させる場合にあっては、この限りでない。
七 昼間走行灯は、点滅するものでないこと。
八 昼間走行灯の直射光又は反射光は、当該昼間走行灯を備える自動車及び他の自動車の運転操作を妨げるものでないこと。
九 自動車の前面に備える方向指示器と昼間走行灯との距離が 40mm 以下である場合に あっては、方向指示器の作動中、当該方向指示器と同じ側の昼間走行灯は、消灯する か、又は光度が低下する構造であってもよい。
十 方向指示器が昼間走行灯との兼用式である場合にあっては、方向指示器の作動中、 当該方向指示器と同じ側の昼間走行灯は消灯する構造であること。
十一 昼間走行灯は、灯器の取付部及びレンズ取付部に緩み、がたがない等第1項に掲 げる性能を損なわないように取り付けられていること。

4 次の各号に掲げる昼間走行灯であってその機能を損なう損傷等のないものは、前項各 号の基準に適合するものとする。
一 指定自動車等に備えられたものと同一の構造を有し、かつ、同一の位置に備えられ た昼間走行灯 二 法第75条の2第1項の規定に基づき指定を受けた特定共通構造部に備えられてい る昼間走行灯と同一の構造を有し、かつ、同一の位置に備えられている昼間走行灯又 はこれに準ずる性能を有する昼間走行灯
三 法第 75 条の3第1項の規定に基づき灯火器及び反射器並びに指示装置の取付装置 について装置の指定を受けた自動車に備える昼間走行灯と同一の構造を有し、かつ、 同一の位置に備えられた昼間走行灯又はこれに準ずる性能を有する昼間走行灯

適切な内容に訂正
(4)昼間走行灯の灯光の色は,白色であり,かつ,その照明部の大きさは,25cm2以上200cm2以下であること。