自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

平成23年6月実施1級小型問題30:固有振動数の変化

図に示す「重りとばね」に対して,次の二つの変更を行った場合の固有振動数の変化に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。

 

f:id:n9h28eg0:20210716054329p:plain

(1)固有振動数は,変更前の固有振動数の0.1倍になる。
(2)固有振動数は,変更前の固有振動数の√0.1倍になる。
(3)固有振動数は,変更前の固有振動数の10倍になる。
(4)固有振動数は,変更前の固有振動数の√10倍になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解く


m:質量
k:ばね定数

f:id:n9h28eg0:20210716054634p:plain

より

f:id:n9h28eg0:20210716054746p:plain



よって答えは 2