自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

ABS・ECUのABS制御及びフェイルセーフ制御:平成24年3月実施1級小型問題23

自動車整備士資格の勉強始めました

 

ABS・ECUのABS制御及びフェイルセーフ制御に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。

(1)車載故障診断装置による診断のうち初期診断は,ABS・ECUにブレーキ信号とすべての車輪速センサ信号が入力された後,ABS・ECUにより実行される。

(2)ABS・ECUは,各車輪速センサからの信号によって車輪速度を検知し,すべての車輪速度をもとに車体速度を推定しており,その推定(又は疑似)車体速度をもとに車輪のスリップ率を計算している。

(3)ABS・ECUは,メモリしているダイアグノーシス・コードにより,異常コードのときはABSの作動を禁止し,その後,システムの異常が解消した場合は,車速30km/h以上で,1秒以上走行するとABS制御へと復帰させる。

(4)ABS・ECUがシステムの異常を検出した場合は,フェイルセーフ・リレー,モジュレータ・バルブ及びポンプ・モータの出力をすべてOFFにし,ABSが作動しない通常ブレーキに移行すると同時に,ABS警告灯を点灯させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解く

(1)車載故障診断装置による診断のうち初期診断は,ABS・ECUにブレーキ信号とすべての車輪速センサ信号が入力された後,ABS・ECUにより実行される。

不適切

車載故障診断装置による診断機能

初期診断

IG・ONで警告灯が点灯したのち,正常であれば消灯。更にエンジン始(スタータ回転)で再点灯したのち,正常であれば消灯する。

常時診断

初期診断終了直後からイグニション・スイッチOFFまで。

 

(2)ABS・ECUは,各車輪速センサからの信号によって車輪速度を検知し,すべての車輪速度をもとに車体速度を推定しており,その推定(又は疑似)車体速度をもとに車輪のスリップ率を計算している。

適切

ABS制御

ECU,図に示すように各車輪速センサからの信号によって車輪速度を検知し,すべての車輪速度をもとに車体速度を推定する。推定(又は疑似)車体速度をもとに車輪のスリップ率を計算し,目標スリップ率になるように,モジュレータ・ユニットのモジュレータ・バルブとポンプを作動させ,ブレーキ液圧を制御する。前輪のブレーキ液圧は,左右独立に制御し,後輪はロックしやすい方(車輪速度が低い:ロ・セレクト)を基準にして左右同時に制御している。

f:id:n9h28eg0:20210310134326p:plain

 

 

(3)ABS・ECUは,メモリしているダイアグノーシス・コードにより,異常コードのときはABSの作動を禁止し,その後,システムの異常が解消した場合は,車速30km/h以上で,1秒以上走行するとABS制御へと復帰させる。

適切

フェイルセーフ制御内容:フェイルセーフ制御は,異常内容により次のように実行され,いずれも警告灯が点灯する。

①システムの異常を検知して,フェイルセーフ・リレー,モジュレータ・バルブ及びポンプ・モータの出力をすべてOFFにする。

ABS動作中に異常検知した場合,故障箇所以外の作動をそのまま継続し,制御終了後に出力をすべてOFFにする。

③メモリしているダイアグノーシス・コードにより,異常コードのときはABSの動作を禁止し,次に,正常と判断された場合,ABS制御へ移行する。

これは,システムに異常がなくなった状態で,車速30kmh以上で,1秒以上走行した場合,解除されてABS制御となる。

④イグニション・スイッチ(IG2)の電圧異常(上昇,下降)で,ABSの動作を禁止した場合は,電圧が正常と判断された時点で,ABS制御へ移行する。

 

 

(4)ABS・ECUがシステムの異常を検出した場合は,フェイルセーフ・リレー,モジュレータ・バルブ及びポンプ・モータの出力をすべてOFFにし,ABSが作動しない通常ブレーキに移行すると同時に,ABS警告灯を点灯させる。

適切

 

 よって答えは 1