自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

MREセンサを用いた,トルク・センサ回路:平成25年3月実施1級小型問題16

自動車整備士資格の勉強始めました

 

EPSのトルク・センサに,図1の異常検知範囲と,図2の信号電圧特性をもつMREセンサを用いた,図3のトルク・センサ回路のIGスイッチON時における異常検知に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。
問題補足

 

f:id:n9h28eg0:20210224041921p:plain

(1)①の箇所に断線がある場合,EPS・ECU内5V安定化電源回路⇒トルク・センサ⇒信号アース線,及びトルク・センサ⇒信号線⇒EPS・ECUに電流を流す回路構成がなくなるため,入力回路には,信号電圧0Vが入力され,マイコンは,下限値の閾値をダウン・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。


(2)②の箇所で線間短絡がある場合,EPS・ECU内5V安定化電源回路⇒トルク・センサ⇒信号アース線,及びトルク・センサ⇒信号線⇒EPS・ECUに電流を流す回路構成がなくなるため,入力回路には,信号電圧0Vが入力され,マイコンは,下限値の閾値をダウン・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。


(3)③の箇所で短絡(地絡)がある場合,入力回路には,信号電圧0Vが入力され,マイコンは,下限値の閾値をダウン・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。


(4)④の箇所で断線がある場合,EPS・ECU内5V安定化電源回路⇒トルク・センサ⇒信号アース線に電流を流す回路構成がなくなるため,入力回路には,電源線の電圧が入力され,マイコンは,上限値の閾値をアップ・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。

 

 

 

 

 

 

 

解く

f:id:n9h28eg0:20210224041957p:plain
(1)①の箇所に断線がある場合,EPS・ECU内5V安定化電源回路⇒トルク・センサ⇒信号アース線,及びトルク・センサ⇒信号線⇒EPS・ECUに電流を流す回路構成がなくなるため,入力回路には,信号電圧0Vが入力され,マイコンは,下限値の閾値をダウン・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。
適切

f:id:n9h28eg0:20210224042018p:plain
(2)②の箇所で線間短絡がある場合,EPS・ECU内5V安定化電源回路⇒トルク・センサ⇒信号アース線,及びトルク・センサ⇒信号線⇒EPS・ECUに電流を流す回路構成がなくなるため,入力回路には,信号電圧0Vが入力され,マイコンは,下限値の閾値をダウン・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。
不適切
(2)②の箇所で線間短絡がある場合,入力回路には,信号電圧5Vが入力され,マイコンは,上限値の閾値をアップ・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。

 

f:id:n9h28eg0:20210224042118p:plain

(3)③の箇所で短絡(地絡)がある場合,入力回路には,信号電圧0Vが入力され,マイコンは,下限値の閾値をダウン・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。
適切

f:id:n9h28eg0:20210224042150p:plain
(4)④の箇所で断線がある場合,EPS・ECU内5V安定化電源回路⇒トルク・センサ⇒信号アース線に電流を流す回路構成がなくなるため,入力回路には,電源線の電圧が入力され,マイコンは,上限値の閾値をアップ・エッジする信号電圧を検出して異常検知を行う。
適切

f:id:n9h28eg0:20210224042235p:plain



よって答えは 2