自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

筒内噴射式ガソリン・エンジン:平成28年3月実施1級小型問題13

自動車整備士資格の勉強始めました

↑リンク腕試し過去問で

電子制御式スロットル装置を用いた筒内噴射式ガソリン・エンジンに関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)均質燃焼とは,混合気の濃度にむらがなく,一様に混ざり合っている状態での燃焼方法であり,成層燃焼とは,部分的に濃淡の混合気の層を作り出して,濃い部分で燃焼させるようにした燃焼方法である。この均質燃焼と成層燃焼の切り替え時には,均質リーン燃焼が行われている。
(2)カム駆動のプランジャ式フューエル・ポンプにおいて,ポンプの入口及び出口には,それぞれ逆方向にリード・バルブが取り付けられており,燃料の吸入・吐出を制御している。
(3)リーンNOx触媒のうち選択還元型のものは,トラップ型と比較すると,NOx還元時は空燃比を濃くする必要があるため,電子制御スロットル・バルブを制御することにより,吸入空気量を絞っている。
(4)インジェクタには,高電圧大電流に対応した低抵抗コイルを内蔵しており,作動確認などでバッテリ電圧を直接印加するとコイルが溶損するため,絶対にバッテリ電圧を直接掛けてはならない。

解く
(1)均質燃焼とは,混合気の濃度にむらがなく,一様に混ざり合っている状態での燃焼方法であり,成層燃焼とは,部分的に濃淡の混合気の層を作り出して,濃い部分で燃焼させるようにした燃焼方法である。この均質燃焼と成層燃焼の切り替え時には,均質リーン燃焼が行われている。
適切

 

f:id:n9h28eg0:20210115195952p:plain

f:id:n9h28eg0:20210115200010p:plain
(2)カム駆動のプランジャ式フューエル・ポンプにおいて,ポンプの入口及び出口には,それぞれ逆方向にリード・バルブが取り付けられており,燃料の吸入・吐出を制御している。
適切

f:id:n9h28eg0:20210115200115p:plain
(3)リーンNOx触媒のうち選択還元型のものは,トラップ型と比較すると,NOx還元時は空燃比を濃くする必要があるため,電子制御スロットル・バルブを制御することにより,吸入空気量を絞っている。
不適切
(3)リーンNOx触媒のうちトラップ型のものは,選択還元型と比較すると,NOx還元時は空燃比を濃くする必要があるため,電子制御スロットル・バルブを制御することにより,吸入空気量を絞っている。


リーン Nox 触媒には,選択還元型とトラップ型がある。
表 のようにそれぞれに長所と短所があり,使用状況に応じた使われ方をしている。
表 リーンNOx触媒の種類と特徴

 

選択還元型

トラップ型

原理

リーン(希薄)燃焼時に活性層で図3-35のようにHCを使用してNOxを還元する

リーン(希薄)燃焼時には、NOxを吸蔵物質に蓄えておき、理論空燃比運転時に濃くし、排出ガス中のCO、HC等を利用してNOxを還元する。

長所

定常的な浄化が可能。ガソリン中に硫黄分が含まれていても浄化性能への影響は少ない。

NOxの浄化率が高い。

短所

還元にHCを使用するため、上流に三元触媒を設置できない。このため、三元触媒の活性化に時間が必要。

ガソリン中に硫黄分が含まれていると急速に劣化する。NOx還元時は空燃比を濃くする必要あり。

短所を補う制御

触媒早期活性化制御により、燃焼(膨張)工程での燃料噴射を行なうと共に排気滞留時間が長いのマニホールドを採用することで、短時間での三元触媒活性化を行なう。

電子制御スロットル・バルブにより、吸入空気量を絞って一時的に空燃比を濃くし、還元時の燃料消費を最小化する。


(4)インジェクタには,高電圧大電流に対応した低抵抗コイルを内蔵しており,作動確認などでバッテリ電圧を直接印加するとコイルが溶損するため,絶対にバッテリ電圧を直接掛けてはならない。
適切


点検・整備の要点
以下の点は通常のガソリン・エンジンに対し,点検・整備要領が異なるため,各社の整備書を確認の上,整備を実施すること。
1 )高圧燃焼系統
高燃圧の部分があるため,必ず,残圧抜きを実施してから整備を行うこと。
圧力が残った状態で部品脱着を行うと,燃料が吹き出して非常に危険である。
組立時,シール部分の燃料漏れには,特に,注意すること。
2 )インジェクタ
高電圧大電流に対応した低抵抗コイルを内蔵しており,作動確認などでバッテリ電圧を直接印加するとコイルが溶損するため,絶対にバッテリ電圧を直接掛けてはならない。
燃料配管も含め,再使用が禁止されている場合があるので注意する必要がある。
3 )電子制御式スロットル
バッテリを外した場合や,脱着後に学習が必要なものがあるので.整備書に従って行う。