自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

コモン・レール式高圧燃料噴射システム:平成28年3月実施1級小型問題6

自動車整備士資格の勉強始めました

↑リンク腕試し過去問で

コモン・レール式高圧燃料噴射システムに関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)コモン・レールは,高圧システム内の圧力振動波を低減する機能を備えており,材料にはクロム・モリブデン鋼が用いられている。レール部の燃料圧力はレール圧センサにより計測され,プレッシャ・リミッタは,異常高圧時に燃料を逃がし安全性を確保している。
(2)サプライ・ポンプは,燃料をフューエル・タンクからサプライ・ポンプへ供給するフィード・ポンプ,ポンプ内の燃圧を調整するレギュレート・バルブ,ポンプ本体内への燃料吸入量を制御するディストリビュータ・ヘッド,燃料をコモン・レールへ圧送するポンプ本体とデリバリ・バルブなどにより構成されている。
(3)エンジンECUにおけるメイン及びパイロットの燃料噴射量の補正において,吸入空気温度が低いときは,空気密度が高くなるため燃料噴射量の増量を行っており,また,冷却水温が低いときは,燃料噴射量を増量することで冷間時の運転性を向上させている。
(4)サプライ・ポンプ本体は,インナ・カム,ローラ及びプランジャにより構成されるインナ・カム機構を採用しており,従来の分配型インジェクション・ポンプのフェイス・カム機構と比較すると超高圧化が可能となる。

 

解く
(1)コモン・レールは,高圧システム内の圧力振動波を低減する機能を備えており,材料にはクロム・モリブデン鋼が用いられている。レール部の燃料圧力はレール圧センサにより計測され,プレッシャ・リミッタは,異常高圧時に燃料を逃がし安全性を確保している。
適切

f:id:n9h28eg0:20210113080757p:plain

(2)サプライ・ポンプは,燃料をフューエル・タンクからサプライ・ポンプへ供給するフィード・ポンプ,ポンプ内の燃圧を調整するレギュレート・バルブ,ポンプ本体内への燃料吸入量を制御するディストリビュータ・ヘッド,燃料をコモン・レールへ圧送するポンプ本体とデリバリ・バルブなどにより構成されている。
不適切
適切な内容に訂正
(2)サプライ・ポンプは,燃料をフューエル・タンクからサプライ・ポンプへ供給するフィード・ポンプ,ポンプ内の燃圧を調整するレギュレート・バルブ,ポンプ本体内への燃料吸入量を制御する2 個のサクション・コントロール・バルブ,燃料をコモン・レールへ圧送するポンプ本体とデリバリ・バルブなどにより構成されている。

f:id:n9h28eg0:20210113080913p:plain

(3)エンジンECUにおけるメイン及びパイロットの燃料噴射量の補正において,吸入空気温度が低いときは,空気密度が高くなるため燃料噴射量の増量を行っており,また,冷却水温が低いときは,燃料噴射量を増量することで冷間時の運転性を向上させている。
適切
各種補正
各センサからの信号により,次の項目について,メイン及びパイロットの燃料噴射量を補正する。
(イ)吸気温補正
吸入空気温度が低いときは,空気密度が高くなるため増量する。
(口)暖機時増量補正
冷却水温が低いときは増量し,冷間時の運転性を向上させている。
(ハ)吸気圧補正
吸気圧力が低いときは,吸入空気量が少ないため減量する。

(4)サプライ・ポンプ本体は,インナ・カム,ローラ及びプランジャにより構成されるインナ・カム機構を採用しており,従来の分配型インジェクション・ポンプのフェイス・カム機構と比較すると超高圧化が可能となる。
適切

 よって答えは(2)