自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

コモン・レール式高圧燃科噴射システム:平成29年3月実施1級小型問題11

自動車整備士資格の勉強始めました

↑リンク腕試し

コモン・レール式高圧燃科噴射システムに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)インジェクタは,エンジンECUからのON・OFF信号により電磁弁を開閉し,燃料噴射時期及び噴射量を制御する電磁弁制御式インジェクタで,アイドリング時には燃科を主に副噴口より空気流動に対向する方向に噴射し,エンジン回転速度が上昇すると,噴射の大部分は主噴口より空気流動方向に行われる。
(2)エンジンECUにおけるメイン及びパイロットの燃料噴射量の補正において,冷却水温が低いときは,燃料噴射量を増量することで冷間時の運転性を向上させており,また,吸入空気温度が低いときは,空気密度も低くなるため燃料噴射量を減量している。
(3)エンジンECUは,アクセル開度とエンジン回転速度をもとに目標噴射圧を算出しており,レール圧センサの検出値が目標値になるように,サプライ・ポンプ内のタイミング・コントロール・バルブをON・OFFすることでタイミング・ピストンを作動させ,サプライ・ポンプからコモン・レールへの燃料圧送量を制御している。
(4)インジェクタのコマンド・ピストンは,ノズル・ニードルと連動して上下移動しており,コマンド室は,燃料の流入及び流出のオリフィスを備えている。非噴射時のコマンド・ピストンは,コマンド室の流出オリフィスが閉じているため,コマンド室に流入する燃料の圧力によりノズル・ニードル側に押し下げられている。

解く
(1)インジェクタは,エンジンECUからのON・OFF信号により電磁弁を開閉し,燃料噴射時期及び噴射量を制御する電磁弁制御式インジェクタで,アイドリング時には燃科を主に副噴口より空気流動に対向する方向に噴射し,エンジン回転速度が上昇すると,噴射の大部分は主噴口より空気流動方向に行われる。
不適切
(1)インジェクタは,エンジンECUからのON・OFF信号により電磁弁を開閉し,燃料噴射時期及び噴射量を制御する電磁弁制御式インジェクタである。

訂正線:渦流室式エンジンに用いられているピントウ・ノズルの内容

 

f:id:n9h28eg0:20210102070414p:plain

f:id:n9h28eg0:20210102070444p:plain

(2)エンジンECUにおけるメイン及びパイロットの燃料噴射量の補正において,冷却水温が低いときは,燃料噴射量を増量することで冷間時の運転性を向上させており,また,吸入空気温度が低いときは,空気密度も低くなるため燃料噴射量を減量している。
不適切
適切な内容に訂正
(2)エンジンECUにおけるメイン及びパイロットの燃料噴射量の補正において,冷却水温が低いときは,燃料噴射量を増量することで冷間時の運転性を向上させており,また,吸入空気温度が低いときは,空気密度も高くなるため燃料噴射量を増量している。


(3)エンジンECUは,アクセル開度とエンジン回転速度をもとに目標噴射圧を算出しており,レール圧センサの検出値が目標値になるように,サプライ・ポンプ内のタイミング・コントロール・バルブをON・OFFすることでタイミング・ピストンを作動させ,サプライ・ポンプからコモン・レールへの燃料圧送量を制御している。
不適切
適切な内容に訂正
(3)エンジンECUは,アクセル開度とエンジン回転速度をもとに目標噴射圧を算出しており,レール圧センサの検出値が目標値になるように,サプライ・ポンプ内のサクションコントロール・バルブをON・OFFすることでポンプ室内に吸入する燃料の量を制御することにより,サプライ・ポンプからコモン・レールへの燃料圧送量を制御している。

f:id:n9h28eg0:20210102071421p:plain

(4)インジェクタのコマンド・ピストンは,ノズル・ニードルと連動して上下移動しており,コマンド室は,燃料の流入及び流出のオリフィスを備えている。非噴射時のコマンド・ピストンは,コマンド室の流出オリフィスが閉じているため,コマンド室に流入する燃料の圧力によりノズル・ニードル側に押し下げられている。
適切

 

f:id:n9h28eg0:20210102071511p:plain

よって答えは(3)

まさか3級の内容が盛り込まれているとは・・・(;'∀')