自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

防火・防災に関する記述:平成30年3月実施1級小型問題45

自動車整備士資格の勉強始めました

防火・防災に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)第4類危険物の貯蔵,又は取り扱う場合は,貯蔵,又は取り扱う危険物の数量をそれぞれの指定数量で割って,その数値の和が,1.0以上の場合は,「少量危険物貯蔵,又は取扱所」として,所轄消防署に事前に届出をする。
(2)気体の定常燃焼のうち混合燃焼とは,可燃性気体が大気中に噴出して燃焼するものをいう。
(3)固体の燃焼のうち蒸発燃焼とは,固体が加熱されて可燃性ガスが発生して燃焼するもの(ナフタリン,破黄等)をいう。
(4)消防法によると,ポリグリコールエーテル(ブレーキ液)は第4石油類に,エチレン・グリコール(不凍液)は第3石油類に分類される。

解く

(1)第4類危険物の貯蔵,又は取り扱う場合は,貯蔵,又は取り扱う危険物の数量をそれぞれの指定数量で割って,その数値の和が,1.0以上の場合は,「少量危険物貯蔵,又は取扱所」として,所轄消防署に事前に届出をする。
不適切
適切な内容に訂正
(1)第4類危険物の貯蔵,又は取り扱う場合は,貯蔵,又は取り扱う危険物の数量をそれぞれの指定数量で割って,その数値の和が,1.0以上の場合は,所轄消防署から「危険物貯蔵所、または取扱書」として許可を受ける。

 

(2)気体の定常燃焼のうち混合燃焼とは,可燃性気体が大気中に噴出して燃焼するものをいう。
不適切
適切な内容に訂正
(2)気体の定常燃焼のうち非混合燃焼とは,可燃性気体が大気中に噴出して燃焼するものをいう。

 

(3)固体の燃焼のうち蒸発燃焼とは,固体が加熱されて可燃性ガスが発生して燃焼するもの(ナフタリン,破黄等)をいう。
適切


(4)消防法によると,ポリグリコールエーテル(ブレーキ液)は第石油類に,エチレン・グリコール(不凍液)は第3石油類に分類される。
不適切
適切な内容に訂正
(4)消防法によると,ポリグリコールエーテル(ブレーキ液)は第3石油類に,エチレン・グリコール(不凍液)は第3石油類に分類される。

 

第四類危険物の保管指定数量(抜粋)

分類

品名

指定数量

第1石油類

ガソリン

ベンジン

(アルコール)

200

(400ℓ)

第2石油類

灯油

軽油

1000

第3石油類

重油

2000

第3石油類

エチレングリコール

(不凍液)

ポリグリコールエーテル

(ブレーキ液)

4000

第4石油類

エンジンオイル

ミッションオイル

デフオイル

塗料類

 6000

 

 よって答えは(3)