自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

タイヤに関する記述:平成30年3月実施1級小型問題17

https://pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp/webstart2/index.html

タイヤに関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)エンベロープ特性とは,タイヤが路面の凹凸を包み込む性質のことで,この特性が悪いと,ハーシュネスの悪化の原因となる。


(2)タイヤに荷重のアンバランスがあると,タイヤの回転速度に比例した遠心力が発生し,振動強制力となるため,シェイクやハーシュネスの原因となる。


(3)ダイナミック・バランスとは,タイヤが回転している状態でのバランスのことで,調整する場合は,一般にタイヤの表裏二面で行う。


(4)ラン・アウトとは,タイヤの寸法の均一性のことで,タイヤの半径方向と軸方向の振れがあり,それぞれラジアル・ラン・アウトとラテラル・ラン・アウトという。


解く
(1)エンベロープ特性とは,タイヤが路面の凹凸を包み込む性質のことで,この特性が悪いと,ハーシュネスの悪化の原因となる
適切
(2)タイヤに荷重のアンバランスがあると,タイヤの回転速度に比例した遠心力が発生し,振動強制力となるため,シェイクやハーシュネスの原因となる。
不適切
適切な内容に訂正
(2)タイヤに荷重のアンバランスがあると,タイヤの回転速度の自乗に比例した遠心力が発生し,振動強制力となるため,シェイクやハーシュネスの原因となる。


(3)ダイナミック・バランスとは,タイヤが回転している状態でのバランスのことで,調整する場合は,一般にタイヤの表裏二面で行う。
適切

f:id:n9h28eg0:20201229061404p:plain


図 のようにタイヤの両端面の相対する位置に,アンバランス A , B があるとき,スタティック・バランスはつり合っていてもこのタイヤが回転すれば,アンバランス A , B に,それぞれ,遠心力 FA , FB が生じ,タイヤは,重心 G を中心に回転しようとする力(モーメント)を受け,タイヤ 1 回転で 1 回の周期の振動強制力となる。このアンバランスをなくすためには,アンバランス A , B の反対側 A’ , B’ に,それぞれ同じ重さのおもりを取り付けることで,実際には, ( 2 )のようにアンバランスは多数存在しているが,基本的に図の( 1 )の二つの A , B でのアンバランスに対応すればよいことになる,バランス調整時に,タイヤの表裏 2 面で行うのは,このためである。

 

(4)ラン・アウトとは,タイヤの寸法の均一性のことで,タイヤの半径方向と軸方向の振れがあり,それぞれラジアル・ラン・アウトとラテラル・ラン・アウトという。
適切

f:id:n9h28eg0:20201229061511p:plain


 よって答えは(2)