自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

油温センサの回路の点検:平成31年3月実施1級小型問題15

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

図1に示す温度抵抗特性をもつ図2の油温センサの回路の点検に関して述べた(イ)~(ハ)の文章の正誤の組み合わせとして,適切なものは(1)~(4)のうちどれか。ただし,配線等の抵抗はないものとし,コネクタAとコネクタBはそれぞれ接続状態とする。


(イ)油温が80℃で,コネクタAの端子③と端子④間に1.5kΩの接触抵抗が発生している場合,V3は約1.64Vになる。


(ロ)油温が20℃で,コネクタBの端子⑤と端子⑥間に2.0kΩの接触抵抗が発生している場合,V1は約1.31Vになる。


(ハ)油温が20℃で,コネクタBの端子⑦と端子⑧間に1.5kΩの接触抵抗が発生している場合,V2は約2.10Vになる。

f:id:n9h28eg0:20200827083617p:plain

(1)(イ)誤 (ロ)誤 (ハ)正
(2)(イ)誤 (ロ)正 (ハ)誤
(3)(イ)正 (ロ)誤 (ハ)誤
(4)(イ)誤 (ロ)誤 (ハ)誤

 

解く

(イ)油温が80℃で,コネクタAの端子③と端子④間に1.5kΩの接触抵抗が発生している場合,V3は約1.64Vになる。


油温センサと接触抵抗の合成抵抗は
0.3㏀+1.5㏀=1.8㏀
エンジンECU内1.5㏀と1.8㏀の合成抵抗は

f:id:n9h28eg0:20200827084038p:plain

5V電源であるから2.7/3.3㏀と1.5㏀で分圧され、2.7/3.3㏀に掛かる電圧がV3である。
よって

f:id:n9h28eg0:20200827084239p:plain

不適切

(ロ)油温が20℃で,コネクタBの端子⑤と端子⑥間に2.0kΩの接触抵抗が発生している場合,V1は約1.31Vになる。


油温センサと接触抵抗の合成抵抗は

2.5+2=4.5㏀

エンジンECU内1.5㏀と4.5㏀の合成抵抗は

f:id:n9h28eg0:20200827084535p:plain

よって1.125㏀に掛かる電圧は

f:id:n9h28eg0:20200827084706p:plain

さらに、V1の電圧はV3と同意なので5.625/2.625Vを接触抵抗と20℃の油温センサ2.5㏀で分圧した分の油温センサに掛かる電圧を意味する。

f:id:n9h28eg0:20200827084852p:plain

不適切


(ハ)油温が20℃で,コネクタBの端子⑦と端子⑧間に1.5kΩの接触抵抗が発生している場合,V2は約2.10Vになる。


油温センサと接触抵抗の合成抵抗は
2.5+1.5=4㏀
エンジンECU内1.5㏀と4.5㏀の合成抵抗は

f:id:n9h28eg0:20200827085043p:plain

5V電源であるから6/5.5㏀と1.5㏀で分圧され、V2は②~⑧端子間電圧と同意であり6/5.5㏀に掛かる電圧がV2である。

f:id:n9h28eg0:20200827085223p:plain

適切

よって答えは1