自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

オシロスコープの基本知識:平成31年3月実施1級小型問題4

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

オシロスコープの基本知識に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。


(1)AC(エーシー・カップリング)とは,交流結合のことで,同期信号の直流から交流成分まで同期を掛けることができる。


(2)H POS(ホリゾンタル・ポジション)とは,水平位置のことで,波形を水平方向に移動する。FINE(ファイン)とは,水平位置を微少移動することである。


(3)V MODE(バーチカル・モード)とは,同期信号切り替えのことで,トリガに使用する信号の選択をする。SOURCE(トリガ・ソース)とは,波形表示切り替えのことで,使用するチャンネルの状態を選択する。


(4)掃引モードのAUTO(オート)とは,自動掃引のことで,同期レベルが外れているときや,無信号時でも掃引して,アース(0V)が確認できるモードであり,入力信号周波数が50Hz以下のときに使用する。NORM(ノーマル)とは,手動掃引のことで,同期が掛かったときのみ掃引するモードであり,入力信号周波数50Hz以下では同期不可となる。

 

解く

(1)AC(エーシー・カップリング)とは,交流結合のことで,同期信号の直流から交流成分まで同期を掛けることができる。

不適切

適切な内容に訂正

(1)AC(エーシー・カップリング)とは,交流結合のことで,同期信号の直流信号をカットして,交流信号のみで同期を掛けることができる。

 

(2)H POS(ホリゾンタル・ポジション)とは,水平位置のことで,波形を水平方向に移動する。FINE(ファイン)とは,水平位置を微少移動することである。

適切

 

(3)V MODE(バーチカル・モード)とは,同期信号切り替えのことで,トリガに使用する信号の選択をする。SOURCE(トリガ・ソース)とは,波形表示切り替えのことで,使用するチャンネルの状態を選択する。

不適切

適切な内容に訂正

(3)SOURCE(トリガ・ソース)とは,同期信号切り替えのことで,トリガに使用する信号の選択をする。V MODE(バーチカル・モード)とは,波形表示切り替えのことで,使用するチャンネルの状態を選択する。

 

(4)掃引モードのAUTO(オート)とは,自動掃引のことで,同期レベルが外れているときや,無信号時でも掃引して,アース(0V)が確認できるモードであり,入力信号周波数が50Hz以下のときに使用する。NORM(ノーマル)とは,手動掃引のことで,同期が掛かったときのみ掃引するモードであり,入力信号周波数50Hz以下では同期不可となる。

不適切

適切な内容に訂正

(4)掃引モードのAUTO(オート)とは,自動掃引のことで,同期レベルが外れているときや,無信号時でも掃引して,アース(0V)が確認できるモードであり,入力信号周波数が50Hz以下では同期不可。NORM(ノーマル)とは,手動掃引のことで,同期が掛かったときのみ掃引するモードであり,入力信号周波数50Hz以下のときに使用する。

 

よって答えは(2)