自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

こもり音:令和2年3月実施1級小型問題39

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

こもり音の指摘のあるFR車で2WD駆動の5速マニュアル・トランスミッション車を試乗したところ,下記の条件で再現した。この結果から点検する箇所として,不適切なものは次のうちどれか。

f:id:n9h28eg0:20200822163152p:plain

(1)ディファレンシャルの取り付け位置
(2)プロペラ・シャフトのアンバランス量
(3)センタ・ベアリングの取り付け位置
(4)エンジンとトランスミッションの締め付け部

 

駆動時=ジョイント角によるトルク変動によって生じるこもり音
惰行時=アンバランスによって生じるこもり音
設問では駆動トルクを遮断して惰行するとこもり音が発生しないことから、ジョイント角によるトルク変動によって生じるこもり音である。


(1)ディファレンシャルの取り付け位置


ジョイント角に差が生じる・・・(1)は適切

 

(2)プロペラ・シャフトのアンバランスの点検


そのまんまアンバランス・・・(2)は不適切

 

(3)プロペラ・シャフトのセンタ・ベアリング位置の点検


取り付け位置がずれていると、前後のジョイント角に差が生じ、トルク変動の打消しがずれてトルク変動が生じる・・・(3)は適切

 

(4)エンジンとトランスミッションの締め付け部


エンジンとトランスミッションの締め付けが弱いと、駆動時に共振が生じる・・・(4)は適切(これは、よく理解してないといけない部分)

よって答えは2)