自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

筒内噴射式ガソリン・エンジンの排出ガス浄化対策と燃料噴射制御:令和2年3月実施1級小型問題12

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

筒内噴射式ガソリン・エンジンの排出ガス浄化対策と燃料噴射制御に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。


(1)超希薄燃焼時にはNOx低減のためにEGRが行われるが,均質リーン燃焼時には燃焼限界にあり,エンジンが不調になるためEGRは行われない。


(2)リーンNOx触媒のうち選択還元型のものは,リーン(希薄)燃焼時に,活性層でHCを使用することでNOxを還元する。


(3)リーンNOx触媒のうちトラップ型のものは, NOxの浄化率が高く,ガソリン中に硫黄分が含まれていても浄化性能への影響は極めて少ない。


(4)冷間始動直後の短時間,圧縮行程の燃料噴射により超リーン燃焼を行い,続いて,燃焼(膨張)行程での再度の燃料噴射により,残った空気と燃焼後の高熱を用いた再燃焼が行われることで,触媒の温度が短時間で上昇する。

解く

(1)超希薄燃焼時にはNOx低減のためにEGRが行われるが,均質リーン燃焼時には燃焼限界にあり,エンジンが不調になるためEGRは行われない。
適切


(2)リーンNOx触媒のうち選択還元型のものは,リーン(希薄)燃焼時に,活性層でHCを使用することでNOxを還元する。
適切


(3)リーンNOx触媒のうちトラップ型のものは, NOxの浄化率が高く,ガソリン中に硫黄分が含まれていても浄化性能への影響は極めて少ない。
不適切
適切な内容に訂正
(3)リーンNOx触媒のうちトラップ型のものは, NOxの浄化率が高く,ガソリン中に硫黄分が含まれてい急速に劣化する。


(4)冷間始動直後の短時間,圧縮行程の燃料噴射により超リーン燃焼を行い,続いて,燃焼(膨張)行程での再度の燃料噴射により,残った空気と燃焼後の高熱を用いた再燃焼が行われることで,触媒の温度が短時間で上昇する。
適切
よって答えは(3)