自動車整備士試験勉強 始めました~(^^♪

自動車整備士資格試験を解く

パラレル・シリーズ・ハイブリッド・システムの点検・整備上の注意事項:令和2年3月実施1級小型問題8

pussycat-quiet-saiki-0874.ssl-lolipop.jp

パラレル・シリーズ・ハイブリッド・システムの点検・整備上の注意事項として,不適切なものは次のうちどれか。

(1)高電圧のコネクタや端子に触れる場合は,サービス・プラグを抜いた後,5分間を経てインバータ内の高電圧コンデンサを放電させてから行う必要がある。

(2)エンジン・ルームの点検・整備を行う場合は,エンジンが始動しないように,事前に整備モードへの切り替え操作を行う必要がある。

(3)作業時は,シャープ・ペンシルやスケールなど,落下して短絡の恐れがある金属製品を身に着けてはならない。

(4)補機バッテリには,専用のバッテリが採用されているため,急速充電器の使用が禁止されている。また,バッテリを交換する場合は,必ず,専用のものと交換しなければならない。

解く

(1)高電圧のコネクタや端子に触れる場合は,サービス・プラグを抜いた後,5分間を経てインバータ内の高電圧コンデンサを放電させてから行う必要がある。

適切

(2)エンジン・ルームの点検・整備を行う場合は,エンジンが始動しないように,事前に整備モードへの切り替え操作を行う必要がある。

 

エンジン・ルーム点検・整備時の注意事項で,ハイブリッド車では,イグニション・スイッチ ON でメータ内の READY (走行可能表示灯)ランプ点灯時には,エンジンを自動的に始動,停止する。そのため,エンジン・ルームの点検・整備を行う前には,必ず,イグニション,キーを抜かなければならない。

不適切

適切な内容に訂正

(2)エンジン・ルームの点検・整備を行う場合は,エンジンが始動しないように,事前にイグニション,キーを抜かなければならない。

(3)作業時は,シャープ・ペンシルやスケールなど,落下して短絡の恐れがある金属製品を身に着けてはならない。
適切
(4)補機バッテリには,専用のバッテリが採用されているため,急速充電器の使用が禁止されている。また,バッテリを交換する場合は,必ず,専用のものと交換しなければならない。
適切

よって答えは(2)